メニュー

レイクに過払金請求はできる?可能性があれば無料診断を受けてみよう!

2020年3月25日 公開 更新

貸金業者から借入した場合、条件によっては過払金が返還されることもあります。
レイクで借入して完済・返済中の人は、自分も過払金の請求ができるのか気になっている人もいるでしょう。
ここでは、過払金請求対象者であるのかの見極め方や、過払金請求の流れ、過払金を最大額返還するための方法について詳しくご紹介します。


司法書士法人相澤法務事務所は2009年東京都板橋区にて開業2019年で10周年を迎える。
開業当初から「依頼者ファースト」を軸に少数精鋭スタッフにより事務所を運営。
現在ネット検索のみで全国各地から毎月100人以上の過払い金請求を受任する事務所へ成長。
事務所紹介はこちら
司法書士法人相澤法務事務所

司法書士法人相澤法務事務所
代表司法書士 相澤 剛

レイクで過払金請求はできるのか

レイクで過払金請求はできるのか

過払金は、レイクで借入した誰もが請求できるわけではありません。
対象となる期間に借入し、完済もしくは返済中である人のみ請求することが可能です。
ここでは、過払金請求の対象者について詳しく説明しましょう。

そもそも過払金とは

過払金とは、本来払うべき金額よりも多く払いすぎた金利のことを指します。
2010年に利息制限法が改正される前までは、貸金業者は出資法という別の法律で定められた利息制限の29.2%を超える金利で貸し付けをしなければ罰則はありませんでした。
そのため、29.2%という上限の金利をたてに、利息制限法で定められている15%から20%を上回る金利で貸し付ける貸金業者もありました。
利息制限法で定められた15%から20%の利息と出資法の利息制限である29.2%の差はグレーゾーン金利と呼ばれ、グレーゾーンの部分が過払金となります。

2010年6月に貸金業法が施行され、グレーゾーン金利の対策が行われるようになりました。
グレーゾーン金利で返済していた人は、多く払いすぎた分の返還を求められるようになったのです。

2007年12月以前の借入は返還の可能性が高い
レイクは2007年12月2日に貸金業法の改正を受け金利の見直しを行うまでは、最高で29.2%のグレーゾーン金利で貸し付けを行っていました。
2000年にレイクが吸収合併したコーエークレジットも、利息制限法で定められた上限である20%より高い金利で貸し付けをしていました。
そのため、2007年12月以前にレイクおよびコーエークレジットで借入している場合、過払金請求の対象者となる可能性が高くなります。

過払金が請求できる条件とは

過払金が請求できる条件とは

過払金請求するには、過去にグレーゾーン金利で取引をしていた、完済後10年が経っておらず時効を迎えていないという条件が揃っている必要があります。
この2つの条件が揃っている人は、過払金請求の準備を進めるとよいでしょう。

レイクの過払金請求の返還率と返還期間

レイクに過払金請求をするには、和解・任意交渉と裁判の2種類の方法があります。
和解・任意交渉か裁判かによって、過払金の返還率や返還期間も異なってきます。
ここでは、それぞれの方法においての返還率や返還期間について詳しく説明しましょう。

和解・任意交渉での返還率と返還期間

レイクは新生銀行グループという強大なバックグラウンドを持つため、経営状態が安定しています。
また、2014年までは貸金業者の中でも返還金額が良く返還期間も短いことで知られていましたが、2014年以降は親会社であるGEコンシューマーから損失補填が受けられなくなったため、和解・任意交渉での満額返還は難しくなっています。
レイクの一般的な過払金の返還率は、平均して8割ほどです。
和解・任意交渉は裁判を行わず話し合いだけで行われるため、返還までの期間も短く通常2ヶ月から3ヶ月となります。

裁判時の返還率と返還期間

裁判を起こした場合は返還率100%だけでなく、じっくりと交渉を続けることで過払利息の返還も可能になります。
過払利息とは、過払金に年5%の利息をつけた遅延損害金のことです。
返還率100%の返還期間は通常3ヶ月ほどとなり、過払利息の返還まで求める場合は6ヶ月ほどかかるのが一般的です。
ただし、自分だけで裁判を行うのは難しく、弁護士事務所に依頼する必要があるでしょう。

レイクに過払金請求した時のメリット・デメリット

レイクに過払金請求した時のメリット・デメリット

過払金請求を行うメリット・デメリットは、借入金を完済したのか、返済中であるのかによって異なります。
ここでは、完済・返済中において過払い請求を行うメリット・デメリットについて説明しましょう。

請求した時のメリット

借入金を完済してからレイクに過払金請求した時のメリットは、過払金が返還されることです。
過払金の請求は家族や職場を含め誰にも知られずに行うことが可能で、現在の生活に何の影響を及ぼすこともありません。
返済期間が長かった場合、過払金としての払戻金がかなりの高額になることもあります。
返済中にレイクに過払金請求した時のメリットは、月々の返済額が減り金銭的な負担が減らせる可能性があることです。
また、数年にわたり返済をしている場合、過払金を差し引くとすでに借金の返済が完了しており、借金がゼロになる可能性もあります。
場合によっては、払戻金が受け取れることもあるでしょう。

請求した時のデメリット

借入金を完済してからレイクに過払金を請求した時のデメリットは、ほとんどありません。
あえて言うなら、レイクでの新規借入れができなくなるぐらいです。
レイク以外の貸金業者から借入したり、ローンを組んだりすることは可能です。
ただし、借入金を完済してから10年以上過ぎると時効になるため、過払金の請求ができなくなるので注意しましょう。

返済中にレイクに過払金を請求した時のデメリットは、任意整理となるため一定の期間は新たな借入ができなくなることです。
返済中に任意整理をすると、信用情報機関に5年ほど履歴が残ります。
履歴がクリアになるまでは、ローンやクレジットカードの審査に通りにくくなるでしょう。

過払金を請求してから返還までの流れ

過払金を請求してから返還までの流れ

過払金を請求してから返還されるまでには、一連の流れがあります。
ここでは、それぞれの工程について詳しく説明します。

取引履歴を取り寄せる

過払金請求をするためには、まずはレイクから取引履歴を取り寄せることから始めます。
取引履歴を取り寄せる理由は、契約時の金利や金額、返済額などを知り、過払金が発生するのかを計算するためです。
レイクの代表電話番号に電話すると取り寄せが可能で、通常1週間程で届きます。
ただし、レイクは過去に取引履歴を破棄した問題があり、1993年以前の取引履歴は入手できません。
取引履歴が入手できない場合、推定計算をすることになります。
しかし、推定計算は自分で行うのは難しくなるため、弁護士や司法書士に依頼するのが賢明でしょう。

また、返済義務がないと知っていて、任意で返済した借金の過払い金は請求することができないと民法で定められているため、取引履歴を何の目的で使用するかについてレイク側に告げる必要はありません。
過払金の計算目的で取引履歴を取り寄せることを伝え返済を続けていると、過払金が少なくなることもあります。

過払金の引き直し計算をする

取引履歴を取り寄せた後は、利息制限法を基に過払金の引き直し計算を行います。
引き直し計算は弁護士に依頼するだけでなく、パソコンのエクセルとネット上で入手できる計算ツールを利用して自分で計算することも可能です。
引き直し計算は1円でも間違っていると支払いを断られたり、払戻金額が少なくなったりするため、過払金請求手続きの中でも最も重要な工程となります。
取引日、貸付、入金などミスのないように注意して入力しましょう。

過払金の請求書を送付する

引き直し計算で過払金の金額が確定したら、レイクに過払金の請求書を送付します。
自分で送付する場合には決まった書式はありませんが、自分の住所や名前、電話番号、振込口座などの情報とともに、引き直し計算で判明した過払金の支払いを求める文章を記載します。
自分が送った証拠とレイク側が受け取った証拠が残るように、内容証明郵便で送ると安心です。

話し合い・和解交渉

過払金の請求書を送付したら、次は話し合いによる和解交渉となります。
なぜなら、請求書に記載した過払金をレイクがすぐに支払ってくれるわけではないからです。
レイクの担当者から電話連絡があるので、過払金の返還期間や返還率について話し合います。
レイクの担当者は何度も過払金請求の交渉をしているため、交渉慣れしています。
しかし、多くの人にとって和解交渉をするのは初めてのことなので、安い金額を提示されるなど相手ペースで進んでしまいがちです。
希望する金額を強気で主張するようにしましょう。

司法書士事務所や法律事務所の実績などによっても違いがありますが、回収率は80%以上となるのが一般的です。
ただし、レイク側は業績の都合もあるため返還を遅らせたいという思惑があります。
早期に返還してくれるなら返還率80%、期日を遅らせるなら返還率90%にするという風に、上手に交渉をすすめると良いでしょう。
双方に納得できる着地点が見つからず、和解に至らない場合は裁判となります。

過払金の返還

裁判もしくは話し合い・和解交渉でレイク側から過払金返還の合意が得られると、過払金の返還が行われます。
自分で行った場合、全額が自分の口座に振り込まれます。
弁護士や司法書士に依頼した場合は、司法書士事務所や弁護士事務所が窓口となって受け取り、手数料を引かれた金額が自分の口座に振り込まれることになります。

レイクから過払金を最大限返還してもらうコツ

レイクから過払金を最大限返還してもらうコツ

過払金の請求は、取引履歴を取り寄せたり、引き直し計算をしたり、和解交渉をしたりと、面倒な手続きがたくさんあります。
自分で行った場合、コストはかからないもののスムーズに手続きが進められないことも多く、返還までに時間がかかってしまうこともあるでしょう。
また、和解交渉が上手くまとまらず裁判になり、余計に出費がかさむ可能性もあります。
そのため、過払金請求の知識を備え、交渉慣れしている弁護士や司法書士に任せるのが賢く過払金請求するコツです。

司法書士事務所や弁護士事務所の中には、過払金のチェック診断無料や着手金無料など、依頼人負担の少ないサービスを行っているところもあります。
そのほかにも、過払金請求において最も重要な引き直し計算だけ依頼するなど、部分的に依頼することも可能です。
依頼のコストを抑えられる司法書士事務所や弁護士事務所を選ぶことで、過払金の返還も多くなります。
レイクからの過払金を最大限に返還してもらうためにも、プロに依頼するのが良策です。

少しでも可能性がある場合は過払金請求を検討しよう!

少しでも可能性がある場合は過払金請求を検討しよう!

過払金は、払いすぎたお金を取り戻すという正当な行為です。
返済の最中であっても、借入額を減らして負担を軽くすることも可能です。
手続きには多少の手間がかかりますが、少しでも返還される可能性があるなら請求してみるのが賢明です。
信頼できる司法書士や弁護士に相談し、できるだけ多くの過払金を取り戻すようにしましょう。