セディナへの
過払い金返還請求

セディナへ過払い金を請求した場合、セディナはどのような対応をしてくるのか?
どのぐらいの期間で過払い金は返金されるのか?裁判をする場合と裁判をしない場合とに分けて解説します。

  • セディナ
  • 過払い金
  • まとめ

[更新]

対象

20075月以前から利用

満額回収

満額回収可

過払い金回収まで

4~6ヶ月

セディナは、かつて、株式会社オーエムシーカード(OMC)、株式会社セントラルファイナンス、株式会社クオークと別れており別会社でした。2009年4月に上記3社がOMC存続株式会社として合併し、社名を「株式会社セディナ」としました。OMCのカードやセントラルファイナンス(CF)のカードを現在でもお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか?セディナは信販会社で、ショッピングローンに着目しがちですが、かつての3社はキャッシングも行っておりました。よって、かつての3社と長く取引をしている方であればある程度の過払い金が発生している可能性がありますので、調査をしてみる価値はあるかと思います。

セディナでの過払い金発生目安

セディナで借金をしている人全てに過払い金が発生しているわけではありません。
過払い金が発生する取引というのは、過去18%以上のキャッシング(28.8%が多い)利用者が対象であり、18%以下の契約では過払い金は発生しません。

セディナも2007年5月(OMCカードは9月)までは、グレーゾーン金利という利息制限法を超える利率で取引を行っていましたので、過去に利用したことがある方は過払い金が発生している可能性があります。

逆にいうと2007年5月以降に借入を新規で開始した場合には過払い金が発生する可能性は低くなります。

相談者の中には現在や過去の利息を覚えていない方も少なくはないですが、現在ではセディナ含めどの業者も問い合わせれば取引履歴を開示してくれるため簡単に調査可能な状況です。

過払い金はセディナに限らず多くのキャッシング・カードローンで返金対象のためまずは調査してみることをオススメします。
過去に利用したことがある人は金利の引き直し計算をする価値があります。

セディナからの過払い金回収までにかかる期間

極論すれば、スピード重視かそれとも金額重視かで回収方法は異なります。

裁判をせずに話し合い(任意交渉)で和解をして過払い金を取り戻す手続きですと、裁判をして取り戻す手続きよりも期間は速くなります(任意交渉のメリット)。しかし、過払い金額は(任意の交渉で高い返還割合を回収できると謳う司法書士・弁護士に依頼したとしても、利息込の金額ではありませんので、100%元金+利息の金額を基準にすれば)値引かれてしまいます(任意交渉のデメリット)。

裁判をして回収を図ると、結論としては過払い金額の満額の回収が見込めます(裁判のメリット)。しかし、取り戻す期間は任意交渉よりも遅くなります(裁判のデメリット)。
もっとも遅くなるといっても、後述するように1ヶ月や2ヶ月程度ですので、皆さまが考えているほど大幅に遅くなるということはあまりないです。

取引履歴到着まで
平均45

受任通知送付から取引履歴到着まで1.6ヶ月程度です。

同じ信販系のエポスカードが1週間から10日程度で開示してくることから比較すると、取引履歴の送付は、早いとはいえません。

請求書送付~和解成立まで
平均30

セディナへ請求書を送ってから和解が成立するまでの期間の平均は1か月程度です。

和解成立までの期間は、他業者に比しそれほど早くありません。

和解から返金まで
平均45

返金までの期間は和解内容にもよりますが、和解から1.5ヶ月程度で返金となります。

他の業者と比較して、まずまずの早さといえそうです。

日数まとめ
平均120

セディナへの過払い請求をした場合にかかる期間としては以上のとおりです。

任意で交渉をしていくと総じて遅い印象は否めないため、積極的に裁判をして回収を図ったほうがよろしい業者といえます。

セディナからの過払い金回収(和解・訴訟)

和解

  • 元金100
  • ヶ月後の返還

元金の
100%

セディナと和解をする場合、他の事務所HP等を参考にすると元金の満額で和解となることが多いようです。
しかし全額の返金はできませんので金額に納得がいかない場合には訴訟を選択することになります。
裁判をしないで和解をする場合に戻ってくる過払い金の「元金」は「利息非充当計算」での元金です。

訴訟

  • 満額
  • 5~6ヶ月後の返還

元金の
満額+α

和解金額では納得いかないという場合には訴訟が必要になります。
通常裁判をすると、裁判しないで回収を図るよりも時間はかかるものですが、信販系の場合は、そうとも限りません。セディナの場合、裁判をしないで和解をするのにかかる期間は、裁判をして回収を図る期間と1ヶ月程度しか変わりません。
(争点がない場合、依頼から5~6ヶ月程度で事件が解決するのが平均的な期間です。)

時期的には、第2回口頭弁論期日前に和解となることが多いです。

Memo

※裁判をしても代理人たる弁護士・司法書士が裁判所への出頭を行いますので、依頼者の方が裁判所に行く必要はありません。

裁判をした場合の解決期間

なぜ、時期的に変わらないのか。それは、訴訟提起して第1回口頭弁論期日前に和解になることが多いからです。

依頼を受けてから取引履歴の取得に約2か月、そこからすぐに訴訟提起(裁判)するとした場合、第1回口頭弁論期日は裁判所に訴状を提出して1か月から1か月半ぐらい先を指定(選べます)されることが多いです。その前に和解になり、入金日は和解日から約2か月後ですので、裁判をした場合のトータルの期間は、6か月程度ということになります。

※裁判をしても代理人たる弁護士・司法書士が裁判所への出頭を行いますので、依頼者の方が裁判所に行く必要はありません。

裁判をしない場合の解決期間

一方、裁判をしない場合は、取引履歴の取得に約2か月、そこから過払い金返還請求を行いセディナの回答があるのが10日前後、そこで過払い金返還交渉をして約2か月後に入金となる和解となる場合が多いので、裁判をしない場合のトータルの期間は、5か月程度ということになります。

そうすると、期間的には1か月程度とした違わず、より多く戻ってくるほうを選ぶのであれば、裁判をしたほうがよいということになります。

このように争点がある場合は,「ある程度の金額での和解で良い」という方にとっては問題ありませんが,争点がある場合でも「徹底的に満額回収を目指す」ような方は注意が必要です。

セディナへの過払い金請求固有のデメリット

過払い請求にも少なからずデメリットがあります。
主な内容としては借入が残っている場合は債務整理になりブラックリストに載るということです。

セディナの家族カード等複数枚カードをお持ちでないですか?

セディナの家族カードを奥様やお子様等がお持ちの場合で奥様やお子様が現在でもセディナのカードを利用されているとなると、注意しなければならない事項がございます。
まず第一に、旦那様が内緒でセディナの手続きを進めようとしても、セディナに対して過払い請求することで、奥様やお子様の家族カードの利用が出来なくなってしまうため、内密にすることは出来なくなります。広い意味での過払い請求のデメリットと言えるかもしれません。

2番目に、信用情報に載ってしまう場合があります。上記でも述べましたが、例えば、直近で奥様やお子様が50万円程、セディナのカードでお買い物をされている場合で、旦那様のセディナの過払い金が50万円を下回る金額(例えば10万円の過払い)しか発生しない場合、セディナの残債務が残る関係で信用情報に載ってしまう可能性があります。

以上の点は、1人の方が複数枚のセディナのカードをお持ちで1枚は完済しているけど、もう1枚のセディナのカードは使用しているというような場合にも同様に当てはまります。

  • 家族全員、セディナ(OMC、セントラルファイナス分を含む)のキャッシング分のみならず、セディナのショッピング分も完済していれば、何の問題もない!!!

銀行のカードローン等に影響はないの?

楽天銀行(スーパーローン)、清水銀行(しみずアシストカードローン)、三重銀行(みえぎんカードローン)、京都銀行(京銀住宅リフォームローン)、筑邦銀行(ミニカードローン)、佐賀銀行(フリーカードローン)、十八銀行(カードローン優待席・フリーローン優待席)、静岡中央銀行(プレオカード)、愛知銀行(カードローン「愛」)、名古屋銀行(カードローンS)、島根銀行(ゴールドカードローン【エクセル】)、もみじ銀行(ミニカードローン)等、セディナが銀行等の保証会社となっている場合に、セディナの残高が残っている状態でセディナに対して過払い請求すると、これらの銀行等に介入していないにも関わらず、これらの銀行等の口座が凍結してしまったり、銀行の追加借入れが出来なくなってしまったりする可能性がありますので、注意しましょう!

セディナの過払い請求を相談する事務所はどう選ぶのか

セディナへ過払い請求するにあたって専門家へ相談したいけど、インターネットで検索すると事務所が色々とでてきて、どこに相談すればいいのか困惑される人は大勢いらっしゃいます。

弁護士、司法書士と言っても過払い金請求を取り扱っている事務所の中にはあまり良い評判を聞かない事務所もあり、事務所ごと良し悪しがあります。

また、最初は他の事務所に頼んだけど、対応があまりに酷かったためそちらをキャンセルし当事務所に相談にくるケースも良くありますが、着手金等支払っている場合に返金されない可能性があります。

Memo

※やはり最初に良い事務所を選ぶことが重要になりますので、相談する事務所を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介させていただきます。

セディナの過払い金請求は司法書士か弁護士どっちがいいの?

セディナに限ったお話しではありませんが過払い金や債務整理を扱っている専門家には弁護士と司法書士がいます。
弁護士は皆さんご存知ですが、司法書士の方は聞いてもピンと来ない人も多いようです。

最近はテレビやラジオのCMで「法務大臣認定司法書士」と連呼しているのである程度知名度は上がって来てはいるようですが・・・

Memo

※弁護士と司法書士でどちらを選べばいいのか?手続き内容に違いはあるのか?弁護士と司法書士では依頼する費用に違いはあるのか?

最終的には評判の良い弁護士司法書士、評判の悪い弁護士司法書士もいますので一概にどっちがいいとは言えないところですが、下記にて弁護士と司法書士の違い等詳しく解説していますので、相談をする前にどちらを選べばいいのか?参考にしてください。

セディナへの過払い金請求の費用

セディナへ過払い金請求をする場合、多くの人は専門家へ依頼しますが弁護士や司法書士の専門家へ依頼する場合には費用がかかります。一言で費用と言っても事務所ごと色々な名目の費用がありますし、弁護士と司法書士によっても名目が変わったりします。

安いと思っていたのに、結局色々な名目で費用が差し引かれて結局高くつくといことも多いようです。

事務所に依頼する際にかかる費用についてはすべて一律の費用ではありません。
費用設定にはある程度の指針は設けられていますが、事務所ごとに異なります。

それでも弁護士・司法書士という職業柄からどこもそんなに費用の差はないだろうと思っている人も多いですが、内容によっては数万円~数十万円も費用に違いがでます。依頼する事務所を選ぶ際はまずは費用の比較をすべきです。

セディナへの過払い金返還請求のまとめ

セディナの過払い金請求への対応としては、執拗に減額を迫ってくることもなく良心的ですが、取引履歴の送付に2ヶ月ほどと非常に時間がかかります。
取引履歴送付後の対応については特に遅いこともなく、裁判所をとおして請求する場合も早い段階で和解できることが多いです。

セディナは裁判所をとおしても、返金までの期間はあまり変わりませんので、利息が大きいかたの場合には裁判所をとおしての請求が良いでしょう。

業者ごとの対応:セディナへの過払い金返還請求

  • facebook
  • twitter
  • google+

おすすめ記事

アコム取引履歴の取得方法(2017年版)

[更新] 2017年09月15日

  • アコム
  • 過払い金
  • 取引履歴

アコム過払い金の計算方法(2017年版)

[更新] 2017年09月15日

  • アコム
  • 過払い金
  • 引き直し計算

アコム過払い金請求のデメリット(2017年版)

[更新] 2017年09月15日

  • アコム
  • 過払い金
  • デメリット