メニュー

任意整理のデメリットはクレジットカードが使えない?使い続ける方法と新しく作るには

2020年3月17日 公開 更新

借金が原因で生活が著しく圧迫されている場合、任意整理を行って返済の負担を軽減するというのが現実的な手段のひとつとして挙げられます。
しかし任意整理を行うとクレジットカードが使えなくなってしまうというイメージが強い人も多いでしょう。
利用頻度が高くカードが使えないと不便するという人も少なくありません。
今回は任意整理後もクレジットカードは使い続けられるのか、新規発行は可能なのかなどをご紹介します。


司法書士法人相澤法務事務所は2009年東京都板橋区にて開業2019年で10周年を迎える。
開業当初から「依頼者ファースト」を軸に少数精鋭スタッフにより事務所を運営。
現在ネット検索のみで全国各地から毎月100人以上の過払い金請求を受任する事務所へ成長。
事務所紹介はこちら
司法書士法人相澤法務事務所

司法書士法人相澤法務事務所
代表司法書士 相澤 剛

任意整理のデメリットとは?

任意整理は比較的少額な借金問題を解決するために利用される手続きであり、債務に苦しむ多くの人が任意整理によって生活を立て直しています。
しかし、任意整理にはメリットがある反面デメリットも存在する事を忘れてはいけません。
ここでは予期せぬトラブルを回避するために、任意整理のデメリットについて詳しく見てみましょう。

信用情報機関に異動情報が記載される

任意整理を行う上で最も大きなデメリットと言われているのは、信用情報機関に「異動情報」が残ってしまうという事です。
任意整理は債務整理のうちのひとつですが、任意整理に限らず債務整理を行うと必ず信用情報機関に異動情報が登録されるので注意してください。
信用情報機関では「個人信用情報」と呼ばれるデータが管理されており、信用販売業務において様々な企業から参照されているのです。
この個人信用情報に異動情報が記載される事は、俗に「ブラックリストに載る」と呼ばれる事もあります。

信用情報機関に異動情報が記録されるのは、債務整理を行った時だけではありません。
クレジットカードの支払い(キャッシングを含む)や消費者金融への返済が遅れてしまったり、公共料金を滞納してしまったりした場合でも個人信用情報がブラックリストに載ってしまう可能性が高いです。
異動情報の記録は「契約通りに支払いが行われなかった」という事を意味しています。
したがって、個人信用情報がブラックリストに載っている状態ではあらゆるローンやクレジットカード発行の審査に通る事が難しくなってしまうのです。

異動情報の記録機関

日本で個人信用情報を管理している機関はひとつではありません。
代表的な信用情報機関は「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の3つであり、それぞれの機関で特徴が異なっています。
例えば「異動情報が記録されてしまう原因」がそのひとつです。
JICCには消費者金融の企業が多く加盟しており、カードローンなどを利用して返済が滞った場合に異動情報が記録されます。
CICにはクレジットカード会社や携帯電話事業者が、KSCには銀行・信用金庫や日本学生支援機構などが加盟しており、それぞれの支払い状況に異常があるとブラックリストに載ってしまうのです。

また、上記三社の中で任意整理の事実が直接記録されるのはJICCのみです。
債務者が任意整理を弁護士に依頼すると、弁護士は代理人として正式に依頼を受託した事を示す「受任通知」を債権者に送付します。
JICCでは債権者がこの受任通知を受け取ってから5年間を異動情報の保存期間としているので覚えておきましょう。

CICとKSCについては、任意整理の事実を感知して記録を残すという仕組みはありません。
ただし、CICはクレジットカードや携帯料金の支払いが遅れるとその料金を完済してから5年間異動情報が記録されます。
KSCでも同様に延滞した料金の完済日や、代位弁済(保証人や保証会社による借金返済の立て替え)が行われた日から5年間異動情報が保存されるので注意してください。
また、この3社の間では個人信用情報の共有が行われているので、ひとつの信用情報機関に異動情報が記録されてしまえば全ての機関でその事実を確認する事が出来ます。

任意整理後もクレジットカードを使いたい

キャッシュレス化が進む現代社会では、普段のお買い物でクレジットカードをよく利用する人も多いでしょう。
そんな人にとって、任意整理を行った後にクレジットカードを使い続ける事が出来るかどうかは重要なポイントです。
ここでしっかりと確認しておきましょう。

新たなクレジットカードは作れない

任意整理に限らず、債務整理を行った人はしばらくの間クレジットカードを新たに発行する事が出来なくなります。
クレジットカードを発行するためには各カード会社が行う審査に通過する必要がありますが、この時に必ず信用情報機関が管理している個人信用情報が参照されるのです。
審査の段階で個人信用情報がブラックリストに載っていると、カード会社からは支払い能力が無いと判断されてしまいます。
カード会社としても立て替えたお金が返ってこないというリスクを冒してまでカードを発行する必要はありません。
信用販売とは、今までの積み重ねが大切になるビジネスなのです。

既に持っているクレジットカードは使い続けられる?

「新しくクレジットカードが発行出来ないなら、手持ちのカードを使い続けたい」という人も多いでしょう。
しかし、残念ながら任意整理を行った後は原則的に手持ちのクレジットカードも間もなく利用停止になってしまいます。
任意整理には交渉する債権者を選択出来るという特徴があるため、クレジットカードの債務を任意整理から除外する事も可能です。
しかし、任意整理後に手持ちのクレジットカードが使えなくなってしまうという事実は基本的に変わらないので留意しておいてください。

任意整理の後に手持ちのクレジットカードが使えなくなってしまうのは、カード会社が都度行っている「途上与信」が影響しています。
途上与信とはクレジットカードが発行された後、利用者の信用情報に異常がないかカード会社が信用情報機関のデータを参照する業務の事です。
途上与信が行われるタイミングはカード会社によってまちまちですが、一般的にはクレジットカードが更新される時期に多いと言われています。
有効期限が近づいているカードが手元にある場合は注意しておきましょう。

未使用のカードや債務残高がほとんどないカードは可能性あり

任意整理した後でも、例外的に手持ちのクレジットカードが使える可能性があるケースが存在します。
それは発行してから未使用、あるいはほとんど債務残高がないカードです。
これらの条件に当てはまるカードを持っているのであれば、任意整理の対象から外しておく事で利用し続けられる場合もあります。
持っていないようであれば、任意整理の前に新しくクレジットカードを発行して借り入れを行わなければ任意整理の後でも使える可能性があるでしょう。

ただし、任意整理を検討している段階では何らかの支払いが遅延して個人信用情報がブラックリスト入りしているケースも多いです。
そうした状況ではクレジットカードの審査に通過する事が難しいという点も覚えておきましょう。
また、任意整理後に行われる途上与信の結果利用停止になる可能性は残っています。

どうしても使いたい場合はどうすれば良いか

インターネットショッピングなどでは、稀に現金が利用出来ないというケースもあります。
どうしてもカードを利用したいという場合には、大きく分けて3つの対処方法があるので見ておきましょう。

デビットカードを利用する

クレジットカードと同じような使い方が出来るものにデビットカードがあります。
デビットカードは利用すると即座に指定銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みになっているので、信用販売にあたりません。
そのため、デビットカードの発行には基本的に審査が存在しないのです。
デビットカードであれば手持ちのものを任意整理後に使い続ける事も、任意整理の後に新規で発行する事も可能となっています。

デビットカードは基本的に任意整理と無関係ですが、一部のカードには例外があります。
それは任意整理にかけた債権者が関わっているデビットカードの場合です。
デビットカードもクレジットカードと同じく、銀行が発行しているものが少なくありません。
任意整理した銀行が発行しているデビットカードは、任意整理後に利用出来なくなってしまう可能性があるので注意しておきましょう。
ただし、デビットカードの新規発行は任意整理の後でも可能です。
任意整理にかけた銀行やブランド以外が発行しているデビットカードに申し込めば問題ないでしょう。

家族カードを利用する

クレジットカードには利用者を効率的に増やすために「家族カード」というものを設けている場合があります。
家族カードとはクレジットカードの主契約者の信用情報を基に発行されているため、家族カードを発行される人の信用情報は基本的に参照されません。
例えば兄弟のうち弟が任意整理を行ったとしても、兄の信用情報がクリアであれば兄が持つクレジットカードの家族カードを発行して弟が利用する事は可能なのです。

ただし、家族カードを発行したクレジットカードを任意整理にかけた場合には注意が必要になります。
家族カードの発行はあくまで主契約者の信用情報が参照されているので、主契約者が元となっているクレジットカードを任意整理した場合には付随する家族カードも更新のタイミングで利用停止になってしまう可能性があるのです。
任意整理にかけるカードを基に家族カードを発行している場合には、事前にそのカードを利用している家族に相談しておくようにしましょう。

異動情報が消えるまで待つ

任意整理を行うと個人信用情報にキズが付きますが、このキズは一生残るものではありません。
一般的に、任意整理によって記録される異動情報の保存期間は5年間程度と言われています。
この異動情報が消えれば個人信用情報はクリアな状態に戻るので、クレジットカード発行やローンの審査も従来通りになるのです。
異動情報が消えた時点で十分な安定収入があれば、新しくクレジットカードを発行する事も出来ます。

異動情報の保存期間5年間というのは、あくまで任意整理の場合です。
債務整理には他にも「個人再生」や「自己破産」といった手続きも存在します。
これらの債務整理は比較的大きな金額の借金問題でとられる手続きであり、その効果も大きいです。
しかしその反面でデメリットも多く、異動情報の保存期間が長いというのもそのデメリットのひとつとなります。
個人再生や自己破産の場合は原則的に10年間は異動情報が残るので注意しましょう。
また、具体的な保存期間は信用情報機関によって異なります。
自分の個人信用情報の状態を確認したい場合は、各信用情報機関に開示請求してみてください。

任意整理は当然デメリットはあるが、手段として検討すべき

任意整理は借金返済の負担を軽減して生活を立て直せるという大きなメリットがあります。
その一方で信用情報がブラックリストに載ってしまうなどのデメリットがある事も忘れてはいけません。
しかし5年間クレジットカードを利用出来ないという事を考えても、今の現状を打破する事の方が重要であるケースは少なくないでしょう。
メリット・デメリットをしっかり把握した上で、任意整理を生活再建の手段として検討してみましょう。

どれくらい戻ってくるのか?