メニュー

任意整理の費用ってどれくらい?安くするためのポイントを紹介!

任意整理をする時に、特に気になるのが費用のことではないでしょうか。
借金が返せなくて困っている時に、任意整理をするための費用を用意するのは大変なことです。
しかし、任意整理をしなければ借金問題を解決できないという方もいるかもしれません。
今回はそういう方のために、任意整理にはどのくらい費用がかかるのか、また費用を安く抑えるためのポイントなどを詳しく解説していきます。


司法書士法人相澤法務事務所は2009年東京都板橋区にて開業2019年で10周年を迎える。
開業当初から「依頼者ファースト」を軸に少数精鋭スタッフにより事務所を運営。
現在ネット検索のみで全国各地から毎月100人以上の過払い金請求を受任する事務所へ成長。
事務所紹介はこちら
司法書士法人相澤法務事務所

司法書士法人相澤法務事務所
代表司法書士 相澤 剛

任意整理にはどのような費用があるの?

任意整理を弁護士に依頼すると費用が発生しますが、いくつか内訳があるのでどのような費用がかかるのか知っておくことが大切です。
ここからは、任意整理をする時に発生する費用について詳しく紹介していきます。

着手金

弁護士や司法書士に任意整理を依頼して、契約が成立した時にまず支払うことになるのが着手金です。
弁護士費用は依頼が成功してから支払うというイメージがある方もいるかもしれませんが、着手金は弁護士に依頼して契約が成立した時点で支払うことになります。
一度契約をした後にキャンセルしたとしても、着手金は戻ってこないので注意してください。
着手金を支払う細かいタイミングは依頼先によって変わりますが、中には着手金を入金しないと任意整理の手続を進めてくれないところもあります。
すぐにでも任意整理をお願いしたい時は、事前に着手金を用意しておいたほうがよいでしょう。
任意整理を依頼する時の着手金の相場は、債権者1件につき2万円から5万円程度です。

成功金

任意整理を弁護士や司法書士に依頼し、成功した時に支払う報酬が成功金です。
任意整理においては、貸金業者に対して返済額の減額や分割払いなどの交渉を行い、和解が成立した場合に依頼が成功したことになります。
そのため、任意整理を行っても和解が成立しなかった場合は、基本的に成功金を支払う必要はありません。
成功金は貸金業者1社に対して金額が決められているので、任意整理を行う業者が増えれば増えるほど支払う成功金も多くなります。
相場は1社2万円から5万円程度が相場ですが、成功金の額については特に規定がないので、依頼する弁護士事務所によって大きく変わることがあります。

減額報酬金

弁護士費用の中に、減額報酬金というものが含まれている場合があります。
これは任意整理を行い、借金が減額された時に弁護士に対して支払う費用です。
減額報酬金の額は、減額された金額に応じて変動します。
例えば5%の減額報酬金が発生する弁護士事務所に任意整理を依頼して、20万円の減額に成功した場合は1万円を減額報酬金として支払うということになります。
減額報酬金の割合は依頼先によって変わりますが、弁護士会や司法書士会で定められているガイドラインで、上限は減額された金額の10%までと決められています。

もしこれ以上の減額報酬金を請求された場合は、ガイドラインに違反しているので注意してください。
任意整理をする時に過払い金請求も行うケースが多いですが、過払い金があった場合に借金から過払い金分の減額がされるのは当然のことです。
これを減額報酬金として支払うのは無駄な費用になってしまうこともあるので、なるべく減額報酬金がかからない事務所に依頼するほうがよいでしょう。

実際に任意整理の依頼にはどのくらいかかるの?

任意整理をする時は、弁護士費用以外にも手続にかかる費用が発生します。
貸金業者に書類を送付する時にかかる郵便切手代や収入印紙代、住民票取得費などが手続にかかる費用です。
相場は全てを合わせて1社あたり1,000円前後です。
弁護士用の相場は1社あたり6万円前後なので、合わせて6万円から7万円程度が相場となります。
弁護士に支払う依頼料の中には、着手金や成功報酬金、減額報酬金などが含まれます。

任意整理の費用を安くするには?

任意整理を考えている人の中には、経済的な余裕がない方も多くいるでしょう。
そこで、ここからはどうすれば費用を抑えて任意整理の依頼ができるのか、具体的な方法を解説していきます。

着手金や減額報酬が無料の依頼先を選ぶ

着手金や減額報酬を無料にしている事務所を選ぶのも、任意整理の費用を安くする方法の1つです。
弁護士事務所の中には、着手金や減額報酬を無料にしているところもあります。
借金に困って任意整理を検討している人は、お金に余裕がないケースも多いです。
そういう人でも任意整理の依頼がしやすくなるように、着手金を無料にしているところが増加傾向にあるので、そういった事務所に依頼すれば費用を安く抑えることができます。

弁護士ではなく司法書士に依頼する

任意整理は司法書士に依頼することもできます。
基本的には弁護士に依頼するよりも、司法書士に依頼したほうが任意整理の費用が安く済むケースが多いです。
しかし、弁護士と司法書士では依頼できる任意整理の手続きが変わるので注意してください。
司法書士は、1社ごとの借入額が140万円以内でなければ任意整理の手続きができません。
1社につき140万円を超える借入がある状態で任意整理を行う場合や、地方裁判所に申し立てをする必要がある場合は弁護士に依頼する必要があります。
任意整理を依頼する時は、自分の借入状況を見て、司法書士に依頼できるかどうか事前に確認しておきましょう。

どうしてもお金が払えないときは

借金の返済に追われていてお金に余裕がない時でも、任意整理をする方法はないか気になっている方もいるでしょう。
そういう方に向けて、どうしてもお金が払えない時の対処法を詳しく紹介します。

分割払い・後払いを利用する

お金に余裕がなく一括払いできない人のために、分割払いや後払いに対応してくれる事務所もたくさんあります。
どの程度の分割払いに対応してくれるかは事務所次第ですが、3年間で36回程度の分割払いなら対応してくれるところが多いです。
しかし、債務額や収入額によっては、最長で5年以上の分割払いに対応してくれたという事例もあります。
分割払いにすると利息が発生すると思っている方もいるかもしれませんが、一括払いでも分割払いでも利息は発生しません。

そのため、任意整理を行う多くの人が分割払いを利用しています。
一括払いで支払う人は、身内や親戚などからお金を借りて支払っているケースが多いです。
人によっては周りにバレないように任意整理をしたい人もいるでしょう。
借金の返済に困っている状態で、他の金融機関からお金を借りることは難しいので、分割払いにできないか事務所に相談してみてください。

民事法律扶助を利用する

弁護士費用を支払えず困っている人のため、民事法律扶助制度というものがあります。
総合法律支援法に基づいて設立された、法テラスと呼ばれる日本司法支援センターが行っている公的な制度です。
これを利用すれば、弁護士や司法書士に任意整理を依頼した時にかかる費用を全額立て替えてもらうことができます。
民事法律扶助制度を利用して任意整理を行った場合は、規定の金額を弁護士や司法書士に報酬として支払います。
そのため、直接弁護士に依頼するよりも、同制度を利用したほうが大幅に安くなるケースもあります。
ただし、民事法律扶助制度を利用するためには一定の基準を満たす必要があるため、自分が該当しているか確認してから利用しましょう。

費用だけで選ばない!賢い依頼先の選び方

お金に余裕がないため、費用だけを見て依頼先を選んでしまう人もいるかもしれません。
しかし、信頼できる依頼先かどうかもしっかりチェックしておいたほうがよいです。
ここからは、費用面以外にどこを見て依頼先を選べばよいのか解説してきます。

債務整理を専門(得意)としているか

事務所を選ぶ時は、債務整理の実績がどの程度あるかもしっかり見ておきましょう。
最近できたばかりの事務所だと、債務整理事件を解決してきた経験がほとんどないケースも多いです。
任意整理は貸金業者との交渉が重要なポイントになるので、経験豊富な弁護士に依頼したほうが交渉がスムーズに進みます。
また、事務所によって得意分野が違うことも知っておいたほうがよいでしょう。
弁護士だからといって、全ての分野に精通しているわけではありません。
離婚問題に強い、労働事件を得意としているなど色々な弁護士がいます。
任意整理を依頼するなら、債務整理を専門とした事務所を選ぶほうが安心です。
事務所のホームページに専門分野が書かれていることが多いので、相談する前にチェックしておきましょう。

確かな実績があるか

弁護士事務所はアピールのために、ホームページ上に実績を公開していることが多いです。
これを見れば、過去に任意整理でどの程度の借金問題を解決してきたのか、過払い金請求でどのくらい過払い金を取り戻してきたのかなどを知ることができます。
在籍している弁護士の実力を見極めることもできるので必ず確認しておきましょう。
実績を見ずに事務所を選んでしまうと、債務整理に関する専門的な知識や実績が全くない弁護士に依頼することになり、任意整理がうまく進まないこともあるので注意してください。

親身に相談にのってくれるか

任意整理は短期間で終わらないことも多いです。
場合によっては手続きに3年から5年程度かかってしまうこともあります。
弁護士とも長く付き合うことになるので、信頼できる弁護士に依頼するようにしましょう。
何か困ったことがあった時に親身に相談にのってくれるか、よいところだけでなくデメリットやリスクなど悪いところも隠さず伝えてくれるかなどをチェックして、信頼できる弁護士を見つけてください。

事務所の立地は遠すぎないか

どの事務所に依頼するかは、通いやすさも見て選んだほうがよいです。
任意整理や過払い金請求を行う場合、1回しか事務所を訪れないことも多いですが、状況によっては手続きが完了するまでに何度か通わなければならないケースも出てきます。
そういう時のために、自宅や職場から無理なく通える事務所を選んでおいたほうがよいです。
人によっては、債務整理していることを周囲にバレたくないという理由で、自宅から離れた場所にある事務所に依頼する方もいます。
しかし、何度か通うことになった時に事務所が遠方にあると、交通費など余計な費用の負担が発生してしまうので注意してください。

事前知識があれば任意整理の費用は抑えることができる

経済的な理由で依頼費用が工面できず、任意整理を諦めている人がいるかもしれません。
そういう人でも、一括払い以外にも支払い方法があることや、費用を抑える方法があることを知っておけば、任意整理を前向きに考えることができるようになるのではないでしょうか。
お金に余裕がないと悩んでいる方は、費用を抑えるための正しい知識を身に付けた上で任意整理をしましょう。

どれくらい戻ってくるのか?