メニュー

債務整理の成功報酬の仕組みと相場とは?成功報酬制のメリットや選び方

2019年12月13日 公開 更新

債務整理を弁護士や司法書士に依頼しようと考えている人にとって、成功報酬制のメリットやどういうところに注意しなければならないのかは気になるポイントでしょう。
成功報酬は支払い負担を軽くするなどのメリットがありますが、もっと具体的な部分を知りたいのではないでしょうか。
ここでは、債務整理の弁護士費用の基礎知識や成功報酬のメリット、事務所の選び方を解説していきます。


司法書士法人相澤法務事務所は2009年東京都板橋区にて開業2019年で10周年を迎える。
開業当初から「依頼者ファースト」を軸に少数精鋭スタッフにより事務所を運営。
現在ネット検索のみで全国各地から毎月100人以上の過払い金請求を受任する事務所へ成長。
事務所紹介はこちら
司法書士法人相澤法務事務所

司法書士法人相澤法務事務所
代表司法書士 相澤 剛

債務整理にかかる費用の基本と成功報酬の仕組み

債務整理を弁護士や司法書士に依頼する際にかかる基本的な費用についてや、成功報酬の仕組みについて解説していきます。
ここをしっかりと把握していないと、後になってトラブルになることも多いので注意しましょう。

債務整理の費用とは

債務整理を弁護士や司法書士に依頼する場合にかかる費用の基本としては、弁護士・司法書士への着手金・成功報酬・裁判所費用の3つがあります。
まず、着手金についてですが、着手金とは弁護士などとの契約が成立した時に支払う必要が出てくる費用です。
依頼内容によって着手金は異なり、任意整理の場合は1債権者あたり2万から3万円程度が相場で、民事再生(個人再生)の場合は約50万円、自己破産の場合は約30万円が相場となっています。
ただし、これらの金額はあくまでも相場なので、弁護士事務所などによって大きく異なる場合もあります。
事前によく確認しておくことが大切です。

成功報酬についてですが、成功報酬と一口に言っても種類があり、過払い金の返還に対する成功報酬や借金減額などに対してかかる手数料のことを指します。
裁判所費用についてですが、民事再生や自己破産を行うには裁判所を通さなければなりません。
裁判所の手続きを通すためには、様々な書類が必要ですし裁判所に訪れる際の日当も支払わなければなりません。
それらの手数料をひっくるめたものが裁判費用ということになります。

成功報酬の仕組み

成功報酬についてもう少し細かく見ていきましょう。
まず債務整理の成功報酬とは、過払い金の返還に対するものと、借金の減額に対するものの2通りが存在しています。
過払い金の返還についてですが、雑誌やテレビコマーシャルなどでも過払い金請求などを見聞きしたことがある人も多いのではないでしょうか。
過払い金とは、法定利息を超える借入の返済を続けたことにより余分に払いすぎている状態のことを指します。
成功報酬の相場としては、上限を25%とし返還金の1割から2割程度です。
もし、20万円の過払い金があり全額返還に成功したとしたら、相場で言うと2万円から4万円の成功報酬が必要になります。
ただし、過払い金請求でも訴訟を起こす場合があり、その場合は成功報酬の割合が高まり最大で25%になることもあります。

借金の減額についてですが、例えば過払い金があった場合に現在の借金と過払い金を相殺し20万円の借金残高の減少があったとすると、その減額分の20万円に成功報酬が必要になるということです。
上限は10%までで金額は5万円までと決まっています。
つまり、20万円減額できたとしたら2万円程度の成功報酬がかかるということです。
このように、基本的に成功報酬は1割から2割が相場となっていますが、弁護士事務所によっては成功報酬をもっと抑えて、着手金を多めに取るというケースもあります。

債務整理で成功報酬制の事務所に依頼する3つのメリット

債務整理を行う際に、成功報酬制の事務所に依頼すると3つのメリットがあります。
その3つのメリットについて掘り下げて解説していきます。

費用負担を抑えられる

成功報酬制の事務所に依頼するメリットとしてまず挙げられるのが「費用負担を抑えられる」ということです。
成功報酬制を採用している事務所は、着手金と成功報酬をキッチリ分けているということでもあります。
したがって、料金体系が明確で安心ということも言えるでしょう。
成功報酬というのは、文字通り成功して初めて発生する費用になりますので、成果がないのに費用負担だけが増えるということはありません。
成功報酬が発生したということはイコール過払い金の返還や借金減額といった結果が出たということでもありますので、依頼者にとっては成功報酬を支払ってもそれを補う大きなメリットがあるということです。

債務整理は思った通りの結果が出ずに終わってしまうこともありますが、成功報酬制であれば成果に見合った金額しか支払う必要がないので、たとえ失敗したとしても依頼者にとっては必要以上の費用負担がないというメリットがあります。

費用の後払い効果がある

成功報酬制の事務所に依頼するメリット2つ目は「費用の後払い効果がある」ということです。
成功報酬制を採用していない事務所の場合、事務所によって様々な料金体系を採用していますが、成功報酬分もまとめて着手金に含めていることが多いです。
着手金というのは、弁護士や司法書士に依頼したらすぐに支払わなければなりません。
つまり、成功報酬制を採用していない事務所だと一般的な着手金に成功報酬分を上乗せしているため最初に支払わなければならない費用が大きくなってしまうのです。
また、もし依頼内容に対して上手く結果を出すことができなかったとしても、着手金が返ってくることはありません。

成功報酬制を採用していれば、成功報酬分に関しては結果が出てから支払うので後払いが出来ます。
債務整理を行うということは、普通に考えて懐事情が厳しい人であることは間違いありません。
成功報酬であれば過払い金返還の分から報酬を支払うことも可能ですし、負担という点に関してはかなり抑えることが出来ると言えるでしょう。

成果を出す動機になる

成功報酬制の事務所に依頼するメリット3つ目は「成果を出す動機になる」ということです。
もちろん、全ての事務所がそうというわけではありませんが、成功報酬制がない事務所の場合は着手金などの手数料で事務所としての報酬は確定しているということになります。
したがって、それ以上頑張っても頑張らなくても事務所にとって利益は変わらないため、粘り強い交渉などをしてもらえない可能性があるのです。

成功報酬制を採用している事務所の場合、よりよい結果を出すことが利益を最大化することでもあります。
過払い金請求など債務整理においては、貸金業者などとの粘り強い交渉が必要になることも少なくありません。
すでに利益が確定している事務所と、結果を出せば出すほど利益が大きくなる事務所のどちらが必死に交渉してくれる可能性が高いかは言わずもがなではないでしょうか。

債務整理を費用で選ぶ際に注目したい3つのポイント

債務整理を弁護士や司法書士に依頼する場合、費用を重視して選びたいという人は多いでしょう。
費用を重視して選ぶ際に注目しなければいけないポイントはどこなのか、3つピックアップして紹介していきます。

着手金の有無

費用を重視して弁護士や司法書士を選ぶ場合、まず確認したいポイントが「着手金があるかどうか」ということです。
債務整理と言っても、依頼者のパターンは様々で、すでに完済している人が過払い金請求をする場合と今現在も返済を続けている人では大きく異なります。
すでに完済済みであったり、返済中でも過払い金返還によって完済が可能な場合には着手金が無料で、成功報酬しかかからないという弁護士事務所や司法書士事務所も少なくありません。
自分の状況を確認した上で、事前によく確認しておくと無駄な着手金を支払う必要がなくなるかもしれないのです。
また、分割払いなどに対応しているかも確認しておくといいでしょう。

着手金が必要なかったとしてもすぐにその事務所に決めてしまうのは危険です。
債務整理の費用は着手金や報酬金など全てをトータルで考える必要があります。
着手金が無料だったとしても、その分成功報酬の率が高い場合があるので注意しなければなりません。
着手金と成功報酬のバランスも依頼する前に確認が必要なポイントということです。

成功報酬のパーセンテージ

成功報酬のパーセンテージも事前によく確認しておかなければならないポイントです。
債務整理における成功報酬は、過払い金の返還に対するものと、借金の減額に対するものの2通りです。
過払い金返還の報酬は、過払い金が20万円あったとしたらその1割から2割程度となる2万円から4万円を成功報酬として支払うというもので、借金の減額報酬は100万円の借金が80万円に減額できたとした場合減額した20万円に対して1割から2割程度の成功報酬を支払います。

相場は1割から2割程度ですが、1割と2割であっても倍の差があるように事務所によってかなり差があります。
また、場合によっては過払い金の返還と、借金の減額両方の成功報酬が必要になる場合もあるでしょう。
その場合、それぞれの成功報酬の割合についても意識しないといけません。
どちらも相場としては1割から2割程度ですが、事務所によっては過払い金請求と借金減額で成功報酬が大きく異なる場合があるのです。
自分の状況に合わせて選ぶ必要があります。

債務減額の実績

事務所選びを費用だけで決めてしまうというのは危険です。
安かろう悪かろうで結局過払い金が返ってこなかったり、借金を減らすことが出来なければ意味がありません。
コストパフォーマンスという言葉がありますが、この費用でどれくらいの結果を出すことが出来るのかが重要です。
しかし、実際にやってみないとどの程度の結果を出すことが出来るのかはわかりません。
その点に関しては、過去の実績などをよく確認して判断する必要があるでしょう。

この実績を判断するということは債務整理においては非常に重要で、債務整理は交渉スキルによってかなり結果が左右されると言われています。
他の事務所より費用が高くても債務整理の実績が高い事務所であれば、ちょっと高い費用を支払ったとしてもトータルで考えると得をするというケースも少なくないのです。

債務整理の成功報酬制は報酬と成果のバランスに注目
債務整理を弁護士などに依頼する時に成功報酬制の事務所であれば、ただ単に着手金の有無などで決めるのではなく報酬と成果のバランスに注目することが大切であるということが理解していただけたのではないでしょうか。
債務整理の事務所選びは、パッと見の費用だけで選ばずに実績などを考えて成果も含めたトータルバランスを意識して選んでください。

どれくらい戻ってくるのか?