メニュー

債務整理による影響とは?返済後にクレジットカードやローンを利用する方法

債務整理を検討しているけれど、借金を返済したあとの生活に債務整理がどのように影響してくるのか気になるという方は多いのではないでしょうか。
そんな方のために今回は債務整理後にクレジットカードやローンを利用する際の注意点を解説していきます。
この記事を読めば、債務整理によるデメリットを解決するためのポイントがわかっていただけます。

返済後も続く?債務整理によるデメリット

債務整理を行うことによるデメリットは、借金返済後も一定期間続いてしまいます。
それはいわゆる「ブラックリスト状態」となってしまうからです。
借金の返済が遅れたり、クレジットカードの支払いが滞ったりした際には、金融機関は信用情報機関に事故情報を通知するようになっています。
そして債務整理をした場合にも同様に、金融事故情報が信用情報機関に登録されてしまい、それによってブラックリスト状態となってしまうのです。
このブラックリスト状態が、様々なデメリットを生じさせます。

情報登録期間の目安は一般的に5年から10年です。
その間はしばらくローン・カード利用が制限されてしまいます。
金融事故情報が削除されるまで新たな借り入れをすることはできず、クレジットカードの更新や新規申請の審査も難しくなります。
このように多額の買い物をするときにローンを組めないといった問題だけでなく、高速道路でETCカードが使えないなど、日常生活の細かい場面でも不便が生じてしまうことが、債務整理によるデメリットです。

債務整理による借金返済後は事故情報が消えるのを待とう

債務整理によるデメリットを解決する方法としては、信用情報機関から金融事故情報が抹消されるまでの期間が過ぎるのを待つしかありません。
事故情報が抹消されるまでの期間は場合によって異なりますが、概ね次のようになっています。
自分がどこに当てはまりうるのか確認してみてください。
なお、これらはすべて債務を完済した日から数えての年数になります。

・CIC 延滞:5年/任意整理:5年/自己破産:5年
・JICC 延滞:1年/任意整理:5年/自己破産:5年/強制解約:5年
・KSC 延滞:5年/代位弁財:5年/任意整理:5年/自己破産:10年

また個人信用情報機関に開示請求を行うことで、自分の信用情報を調べることが可能です。
もし自分の信用情報を確認してみて、抹消されているはずの事故情報が残っているという場合には、そのことについて問い合わせたり、事故情報の削除依頼を届け出ることが望ましいです。

債務整理後にクレジットカードを作る際のポイント・注意点

債務整理後は基本的にクレジットカードを利用したり、新規作成することが難しくなります。
したがってクレジットカードを買い物に使いたいという人や、公共料金等をカードで支払えるようにしたいという人にとっては、債務整理によるデメリットは大きいと言えるかもしれません。
しかし、債務整理によって審査が厳しくなったあとでもクレジットカードを発行できた事例も存在します。
そこでここからは、債務整理後にクレジットカードを作る際のポイントや注意点について紹介していきます。

信用実績を作る

債務整理後にクレジットカードの審査に落ちやすくなる理由は、クレジットカード会社が個人信用情報機関のリストを参照しているからです。
ですから個人信用情報機関から金融事故情報が消えることは、債務整理後にクレジットカードを発行する際の必須条件なのです。
ただし個人信用情報機関から金融事故情報が抹消される際には、過去の取引履歴も同時に削除されてしまいます。
そして個人信用情報がクリーンな状態ということは信用に値する情報もないということであり、このことがクレジットカードの審査に落ちる原因の一つとなってしまいます。

クレジットカードや住宅ローンをはじめ、一度も金融機関やカード会社と取引を行ったことがない人は少ないです。
そのため取引履歴がクリーンであるほど「債務整理をしたことがあるのでは?」「ブラックリストに掲載されたことがあるのでは?」と疑われてしまうということになります。
したがって分割購入しやすい携帯端末を契約するなど、企業と取引を行って信用情報を作っていくことが大切です。

取引経験のないクレジットカード会社に申し込む

債務整理によって金融事故情報が登録されていたとしても、一度も取引を行ったことのないクレジットカード会社であれば契約できる可能性があります。
契約したことのないカード会社には金融事故を起こした人としてリストに入れられていない場合があるからです。
カード審査の合否は、「自動的に審査落ちとなる場合」と「審査担当者が判断する場合」に大きく分かれます。
軽度の延滞記録であれば、債務整理後でもカード発行が可能になった事例が多々あります。
また、債務整理を行った者はクレジットカードを発行してはならないというルールはないため、審査担当者の判断次第といった面もあるのです。
審査基準はカード会社によって異なるため、「比較的審査が通りやすい」とされるクレジットカード会社をリサーチして申し込むのもおすすめです。

短期間で複数のカード会社に申し込まない

「一社だけでは審査に落ちるかもしれない」という懸念から、複数のクレジットカード会社に同時に申し込もうとする方がいるかもしれませんが、それはNGです。
なぜなら短期間に複数のクレジットカード会社に申し込むと、「複数のカードでキャッシングをするつもりでは」「借金で首が回らない状態なのでは」といった疑いを持たれやすいからです。
そうなるとクレジットカード会社によっては「貸し倒れのリスクが高い」と判断し、審査を通さない場合があります。
ですから短い期間で複数枚のクレジットカードに申し込む「クレジットカードの多重申し込み」は避けた方が賢明でしょう。
クレジットカードの申し込みをした記録は、信用情報機関に6ヶ月間保管されるということに留意して、クレジットカードへの申し込みは慎重に行うべきです。

キャッシング枠を低く設定する

クレジットカードでの審査ではキャッシングへの返済能力を問われて落とされてしまうことがあります。
そのため、クレジットカードに申し込みをする場合には、「キャッシングは行わない」として申し込む方が審査の通過率が上がりやすいです。
そもそもキャッシングとは基本的に無担保の借り入れですから、クレジットカード会社にとっては返済されなかった場合のリスクが大きいものとなります。
したがってキャッシング枠が0円であればキャッシングの返済がなされないというリスクはありませんから、審査を通過しやすいと考えられるというわけです。

債務整理後にローンを組む際のポイント・注意点

債務整理を行うということは、借金問題を片付けて人生をリセットするということです。
先ほどから説明しているように、金融事故情報として債務整理を行なったことが信用情報機関に登録されてしまうほど、債務整理は大きな出来事なのです。
そのような債務整理をしたあとであっても、住宅ローンや自動車ローンなどを組むことができるのかは気になるところでしょう。
ここからは債務整理後にローンを組む際のポイントや注意点を解説していきます。

債務整理の対象にした金融機関を避ける

まず初めに注意すべきことは、債務整理の対象になった金融機関を避けるということです。
住宅ローン・マイカーローンを組んだことがある場合には、同じ金融機関を利用するのは危険だと言えます。
なぜならその金融機関には債務整理を行なったことの記録が残っている可能性があるからです。
信用情報機関への事故情報登録は一定期間を経過すれば削除されるものなのですが、債務整理の対象とした金融機関にはその会社独自のデータベースがあり、そこには事故情報が残されることが多いのです。
そのため、同一の金融機関で再度ローンの申し込みが認められる可能性はほぼないでしょう。

一方で利用したことのない金融機関に申し込んだ場合であれば、ローンを申し込んだ時点での経済状況に問題がなければ審査を通過できることがあります。
それは先ほど説明した、その金融機関独自のデータベースに事故情報がないからです。
したがってローンを検討する場合には、債務整理の対象としなかった金融機関を選ぶのがおすすめです。

自己資金を用意しておく

住宅ローンの審査に通らないのは、「債務整理をしたことがあるから」「年収が低いから」といった理由だけではありません。
審査で重視されるのは、返済負担率(年収のなかで住宅ローン返済額が占める割合)です。
自己資金を貯めておけばローンで借りる額を低く設定することでき、年収が同じであっても返済負担率を小さくすることができます。
そうすることで返済負担率の条件をクリアできる可能性を高めることが、審査を通過するうえで重要となります。
マイホームの購入には頭金、諸費用、引っ越し代などが必要となりますが、物件価格や建築費の25~35%を自己資金として用意しておくと審査に有利と言えるでしょう。

ローン審査落ちの履歴を極力残さない

ローンの審査に落ちた履歴をなるべく残さないようにしておくことは大切です。
そのことを踏まえると、金融事故情報が消えたとしても、一度に複数のローン審査に申し込むのは望ましくないと言えます。
信用情報機関にはローン審査の際に金融機関の情報を照会した履歴が残るのですが、その履歴が多いと金融機関から「住宅ローンを断られ続けている人物」とみなされやすくなってしまうからです。
照会履歴は6カ月で消去されるため、審査に通る可能性の高いローンに絞りつつ、計画的に申し込むべきでしょう。

住宅ローンの審査項目や判断基準は、各金融機関で異なります。
しかし金融事故情報さえ抹消されてしまえば、債務整理をしたことが住宅ローンの審査に影響することはないと言えます。
あとは上記で述べたように、その他の点で信用に足らないと判断されることがないように、ローンの審査の仕組みを理解したうえで適切に申し込みを行うようにしましょう。

債務整理による影響は期間限定!自身に最適な手続き方法を選ぼう

債務整理による悪影響は、金融事故情報が抹消されるまでの期間の一時的なものです。
ですから借金返済後は信用情報の回復に努めることが大切となります。
とはいえ債務整理は借金苦を軽減する一つの方法に過ぎないため、まずは専門家に相談して自身に最適な手続きを知ることをおすすめします。
自分にとってよりよい解決手段をお探しください。

どれくらい戻ってくるのか?