過払い金請求とは?

あなたも過払い金の対象になるかも?過払い金の対象か簡単チェック

  • 過払い金
  • 対象
  • 期間

[更新]

以前借入をしていたけど自分が過払い金の対象になるのか?
どのような場合に過払い金請求の対象になるのか?
気になるけど中々弁護士や司法書士事務所に電話はかけにくいものです。
簡単に過払い金請求の対象なのかを確認できるよう、難しいことは省いて発生条件と目安をまとめました。
あなたが過払い金の対象になるのか参考にしてください。

過払い金の対象かは利息次第。対象金利

簡単に言うと現在支払いが終わっている方の場合には、年利が法律の制限を超えていたのであれば過払い金請求の対象になります。
現在返済中の方の場合も、正しい利率に引き直して計算をすると既に借金はなくなり、過払い状態になっている方もいらっしゃいます。

Memo

法律での利息の制限(利息制限法)

10万円未満の借入=20%が上限
10万円以上100万円未満の借入=18%が上限
100万円以上の借入=15%が上限

過払い金の対象となる取引、対象会社

過払い請求の対象外の例として、

  1. 契約の当初から法定利息内の取引だった
  2. ショッピングリボや住宅ローン、自動車ローン
  3. 銀行や信用金庫からの借入※
  4. 借入をしていた業者の倒産※
  5. 完済から10年以上経っていて時効になっている

上記の場合、過払い金請求の対象ではありません。
消費者金融からの借入だけでなく、信販会社からのキャッシングでも法律以上の金利での取引があれば過払い金請求の対象になります。

過払い金請求の対象をもっと正確にいうと、
現在も営業している消費者金融や信販会社でのキャッシング取引で利息が法律の上限を超えていて完済から10年経っていないのであれば過払い請求の対象になるということ。

Memo

※銀行カードローンや信用金庫からの直接の借入では過払い金請求の対象にはなりませんが、銀行系のクレジットカードでのキャッシング取引の場合は過払い金請求の対象になる可能性があります。

※会社が倒産するとほとんど過払い金は帰ってきませんが、現在はなくなってしまった会社でも、単に会社名を変更したとか、合併等している場合には過払い請求することが可能な場合があります。

当時の利息を忘れてしまったら?

途中で金利が下がり、現状は法律内の金利で取引をしている場合であっても、過去に違法な金利で取引をされていたのであれば過払い請求の対象になるので契約当初の金利が重要になります。

しかし、何年も前に完済して当時の書類も破棄したし利率が何パーセントだったかも覚えていない!という方は大勢いらっしゃいますね。

Note

※契約書類等なくても過払い金請求には特に問題はありません、借入をしていた会社名がわかれば大丈夫です。

借入をしていた会社へ電話をすると当時の利率やいつから借りていたのかを教えてくれる場合がありますので対象か確認できます。

電話では教えてくれない会社でも「取引履歴」を取り寄せることで過払い金が対象かを確認することができますし、分断の有無、いつ完済したのかも記載されていますのでいつ時効になるのか請求の期限も確認できます。

借入期間からみる過払い金対象の目安

取引履歴取り寄せをしたとしても特にデメリットはありませんし、業者側もスムーズに対応をしてくれますが、なんとなく業者には電話をしたくないという方もいらっしゃると思います。

いつから借りたのか覚えているのであれば、過払い金発生の目安として、

Note

・2007年以前から取引があれば過払い金が発生している可能性が高いです。

ほとんどの業者が2007年に法律内の利息に見直しをしています。
それ以前からの借入であれば違法な利息で返済していた可能性が高いので過払い金が発生している可能性が高く、対象になる可能性が高いということです。
何年前からの借入か不明な場合や、確実に過払い金が出ているか確認するには当時の利息が重要になりますので、そのよう場合にはやはり業者へ確認することが必要になります。

Note

※ここ最近の借入では過払い金は発生しません。

対象か確認したいけど借りていた業者名がわからない

何社からも借りていて、支払いの完了から時間も経っていると、どの業者から借りていたのかわからないということがあります。
そのような場合、弁護士や司法書士に相談してもどこから借りていたのか等を調べることはできませんので、基本的には業者名がわからないと過払い金対象かを調べることはできないということになります。

ただし、むじんくんでカードを作った、マルイで借りていた等のヒントがあれば調べられる可能性は高いよ。

業者名が全く思い出せないような場合は当時の書類を探したり、口座引き落としで支払っていたのであれば昔の通帳を確認してみてください。
それでもわからない場合には信用情報機関(CICやJICC)で自分の信用情報を取得してみると当時の借入状況が残っていて業者名を確認することができる可能性があります。
ただし信用情報は5年程で削除されますので、だいぶ前に取引が終了している場合には確認することはできません。

対象の目安まとめ

過払い金発生の仕組みと過払い請求の対象になるのかの目安を述べましたが、以上を簡単にまとめると、

過払い金請求の対象になるのは
・法律の制限を超える利息で取引をしていた
利息が不明な場合には
・消費者金融や信販会社のキャッシングを利用していて、2007年以前から借りていたのであれば過払い金が発生している可能性が高いということになるね。

過払い金が発生していても過払い金の回収が困難な業者であったり、業者と和解をしている等、状況によっては過払い金が回収できない場合もあります。

※過払い金の回収が困難な業者とは=訴訟をして判決をとっても支払いをせず、預金口座等に強制執行をしても差し押さえるべき預金債権がない業者。

※業者との和解で回収が困難=支払いの滞納等をしていて、業者と利息カットの和解等をしていると和解書にお互いに債権債務を放棄するという文言が入っている場合があります。業者側からみて債権は貸付金、債務は過払い金を指すことになるので、過払い金を放棄していることになり回収が困難になるということです。

過払い金の対象になるのかは、最終的には評判の良い弁護士、司法書士事務所に相談することをおすすめします。
事務所によっては業者名だけわかれば手数料無料で調査を行っている事務所もありますので、そちらを利用するというのも良いでしょう。

過払い金請求とは?あなたも過払い金の対象になるかも?過払い金の対象か簡単チェック

  • facebook
  • twitter
  • google+

おすすめ記事

アコム取引履歴の取得方法(2017年版)

[更新] 2017年09月15日

  • アコム
  • 過払い金
  • 取引履歴

アコム過払い金の計算方法(2017年版)

[更新] 2017年09月15日

  • アコム
  • 過払い金
  • 引き直し計算

アコム過払い金請求のデメリット(2017年版)

[更新] 2017年09月15日

  • アコム
  • 過払い金
  • デメリット