公開数
体験談サイト

過払い金“相談しにくい”|「弁護士・司法書士は敷居が高い」「恥ずかしい」

過払い金“相談しにくい”

弁護士・司法書士は何となく敷居が高く、借金のことを聞かれるのも恥ずかしい。

だから立ち止まってしまう。

過払い金請求には、相談したくてもなかなかできない「相談の壁」みたいなのがありますよね。

こちらではそんな「気が引けて相談しにくかった」体験談をご紹介。

依頼者のみなさん、どうか余計なことに気を遣わず、お気軽にご相談ください。

弁護士・司法書士は敷居が高い

「相談しにくい」の体験談の声1

  • 法律事務所に電話するのは敷居が高い
  • 相手にされないのでは? 何となく怒られるのでは? とにかく敷居が高いイメージでなかなか電話できず
  • 法務事務所への依頼は敷居が高く、どんな対応を取られるのかもわからない。高圧的に何か言われたり、提案されたり、提示されたりするのではないかと漠然とした不安
  • 過払い金請求という行為そのものにとても敷居が高いイメージがあった
  • CMで有名な某弁護士事務所に相談した際、弁護士さんではない職員さんに高圧的な感じで対応され、断るとはじめは要らないと言った手数料を請求される始末。どこも同じではないかと不信感

弁護士・司法書士と聞くだけで何だか気後れしちゃって、電話するのも怖くなるんだけど。

司法書士
あいきんくん
法律相談なんてめったにするもんじゃないし、そもそも平穏に暮らす一般市民には縁のない世界だからね。あと、法律家の先生はどこかお高くとまってるイメージがするともよく聞く。僕だってそんな先生たちは苦手なんだけどね・・・

そういえば相澤先生ってあんまり法律家という固いイメージではなく、もっとフランクで親しみやすいイメージですよね。

司法書士
あいきんくん
高卒・フリーター上がりの非エリートだから(笑)だからこそ、「依頼する側」の気持ちをくみ取れると自負してるよ。一般的に「法律家の先生は近寄りがたい」というのもわかってるし、敷居が高いイメージを払拭してもらうよう、こんな感じでキャラクターを考えたりしてるんだよ。これも一つの依頼者ファースト!

もともと法律相談はもめ事やトラブル、事件を解決するためにあるサービスだし、そんなところに相談するなんて自分はとんでもない場に足を踏み入れているのでは? と感じる人もいるだろう。

そのうえ、相談相手は弁護士・司法書士という「エリート」。

依頼者は借金という過去を背負って肩身が狭いし、ますます相談しにくい空気を感じてしまうかもしれない。

だけど、弁護士・司法書士といってもいろんなタイプがいる! 決して「お高くとまっている」「上から目線」ばかりの先生たちじゃないことを知ってほしい。

相澤法務事務所のHPやここに寄せられる体験談を見れば、ぜんぜん気安く依頼できると感じてもらえるはずだよ

借金のこと聞かれると思うと恥ずかしい

「相談しにくい」の体験談の声2

  • テレビCMで過払い金請求を知っていたが、借金のことを他人に話すのが恥ずかしかった
  • 「恥ずかしい」がずっとあり、電話をするだけで実に数年もかかってしまった
  • 依頼以前に相談自体が緊張したし、恥ずかしい気持ちでいっぱい
  • 弁護士や司法書士にどんなふうに思われるのか、「借金」しているのが恥ずかしい、という気持ちがとても大きかった
  • 誰にも言ったことのない「自分の恥ずかしいこと」を、他人に話すことに抵抗があった
  • 消費者金融の月々の返済を滞納した期間もあり、後ろめたく恥ずかしかった。弁護士・司法書士への依頼で人として蔑まれないか、不安な気持ちがあった

借金の話するのは恥ずかしい。何聞かれるかわからないし、説教でもされたらどうしようと考えちゃう。

司法書士
あいきんくん
僕たちの仕事は過払い金請求を引き受けることであって、借金した人を更生させることじゃない。手続きにまったく関係ない借金の話を掘り起こす理由なんてないんだよ。聞くのは業者名や金利、返済時期といった手続きに必要な情報のみ。

それはそうだろうけど、口には出さなくても「この人、こんなに借金して」なんて変な目で見られるかもと思うと、恥ずかしくて相談できない・・・

司法書士
あいきんくん
その気持ちはよくわかるけど、借金したのはあなただけじゃない。同じような思いの人は他にもたくさんいるよ。そんな人たちを僕らは年に何百人と相手にするわけだから、いちいち気にとめたりしない。喫茶店でお茶飲むくらいの気軽さで相談しに来て。

借金についていろいろ聞かれるのを怖がって依頼しない人も多い。

過払い金請求で借金の理由や事情を聞いたりはしない。いつ借りたのか、返した金額がどれくらいかの数字はくわしく調べさせてもらうけど、借りたお金を何に使ってどうしたのかなんて探ったりしないから安心してほしい。

秘密厳守は当たり前。個人情報の管理も厳格に行っているから、過払い金請求の相談に来た事実が漏れる怖れもない。

確かに日本社会は借金する人に厳しいところがあり、後ろめたい気持ちになるよね。

でも、こう考えて欲しい。最後まで責任を投げ出さず借金を完済したのは立派だ、と。そんなふうに義務を果たした自分に自信をもってもいいんじゃないかな。

だから、恥ずかしがることなく、胸を張って依頼しいていいんだよ。

戻ってきても少ない金額、何だか悪い

「相談しにくい」の体験談の声3

  • 過払い金が発生していなかったら「恥ずかしい」という不安
  • メジャーなところでは借入金額の少ない調査は、してもらえないのではないか?
  • 借りていたのが1社で金額も自分的には少ない金額だと思っていたので、これ位の金額で依頼してもいいものかと、イコール少ない報酬で、きちんと動いてくれるのか不安に思った

過払い金あるとしても少ない金額だし、そのために動いてもらうのも何だか悪いような・・・

司法書士
あいきんくん
少ない金額でも、本人が「請求したい」と考えるなら、請求していいし、少額だろうと依頼があれば事務所として全力でサポートするつもりだよ。

少ないどころじゃなく、「調べたけどありませんでした」なんて結果になるの恥ずかしい。

司法書士
あいきんくん
そんな事態も想定して僕たちは動いているよ。過払い金の有無を調べるだけだったらそれほど手間はかからないし、気にしなくて大丈夫。相澤法務事務所のHPを見てもらえれば、過払い金が出るかどうか、出るとすればどれくらいかの診断が可能なページもあるから、よければ依頼前に使ってみて。

金額が少なすぎてわざわざ請求しないという判断は、労力と引かれる費用を考えればありかと思う。

でも、「少額請求のために動いてもらうのは悪い」「これっぽちの金額でと事務所にバカにされそうで」と気にして立ち止まるのは、ちょっと考え過ぎかもしれない。

言うまでもなく、金額の多少でサービスに差をつけるようなことはしないから安心してほしい。

それに、過払い金が少ないかどうかなんて調べてみないとわからない。

体験談を読むと、「少ないと思っていたけど、予想以上に多かった」との声もたくさんある。

これで請求しなかったらもったいないよ。

だから、最初は少ないかどうかなんて気にせず、とりあえず調べてみることをおすすめする。

おすすめ体験談