公開数
体験談サイト

コロナ禍過払い金|「WEB面談は助かった」「手続きの遅れが気になった」「収入減って請求を決断」

コロナ禍過払い金

「コロナ禍の過払い金請求はどうなるんだ」といった体験談も多く頂いています。

特に、感染リスクを高めるオフィスでの面談を気にされる人が目立つ印象です。

こちらではそんな「コロナ禍と過払い金請求」の体験談をご紹介します。

東京まで行って面談となれば感染リスクが心配

「コロナ禍過払い金」の体験談の声1

  • コロナ禍なのに地方から東京に何回も出向かなければならないのかと不安に
  • コロナ感染の不安から過払い金返還請求を取り扱う事務所まで(だいたいは都心部にあるため)出向いて手続きをするのが不安だった
  • コロナの感染者が多い東京の事務所に何度も足を運ぶのか
  • 事務所まで足を運ぶのが難しいのと、コロナが心配で、あまり電車などを使いたくなかった
  • 今のコロナ禍で面談もなかなかできずにいたら、相澤法務事務所ではweb対応もしてくれたので選んでよかった
  • 相澤法務事務所のコロナ禍のWEB面談は助かった
  • コロナ禍という状況もあり、WEB面談で遠方でも相談できると連絡もらって安心
  • コロナ禍ではLINE電話を使って面談。説明が分かりやすく、過払い金の詳細もLINEを通して連絡をもらえてすごく助かった

過払い金請求では面談が必要だけど、コロナがこんな流行ってる状況でも事務所に行って対面しなきゃいけないの?

司法書士
あいきんくん
コロナの大流行がはじまった令和2年から、面談の規則が変わったんだ。まず、面談の先延ばしが決まった。先延ばしが許された期間の請求は特別に面談を飛ばして手続きを進めることができた。
相澤法務事務所では、当分の間「特別対応期間」として、WEB面談(Zoom・LINE・Skype・Teamsなど)のツールで対応しているから、感染リスクが怖い人は安心して。

じゃあ一回も事務所に行かず、家からも一歩も出ず手続きを終えられるんだね。

司法書士
あいきんくん
特別対応期間中はね。面談先延ばしにした人は、過払い金が返金されるまでに本人確認のための面談を終わらせる必要があるよ。

過払い金請求の面談は本人確認のためにあるもの。

従来は事務所に来てもらう対面形式で行っていたけど、コロナ禍では難しいということで、WEB面談やLINE面談で対応可能になった。

このWEB面談は、コロナ感染リスク防止対策の一環として導入したわけだけど、地方在住者のような都内の事務所に足を運ぶのが難しい人でも気軽に利用できるよ。

本人確認は、本人のみ受け取れる仕組みの「本人限定受取郵便(特例型)」という方法で厳格に実施している。

WEB面談&本人確認の流れ

事前に必要書類を郵送
(本人限定受取郵便)
①事前に必要書類を郵送(本人限定受取郵便)

必要書類を手元に置き
WEB面談
②要書類を手元に置きWEB面談

必要書類に署名捺印し
返送で正式受任
③必要書類に署名捺印し返送で正式受任

手続きが遅れて入金先延ばしにならないか?

「コロナ禍過払い金」の体験談の声2

  • コロナの影響はないのか
  • コロナのせいで手続きにかなり時間がかかるのではないか
  • コロナの影響で業者側が対応を引き延ばして決着が一年、二年後になるのではないか
  • ちょうど新型コロナウイルスの流行と重なり、通常どおりに過払い請求が行えるのか気になった
  • 進捗状況の報告があり、コロナの影響で手続きの流れが変わった時も説明してくれて安心した
  • 今回は、コロナのせいで手続きが頓挫してしまう怖れもあり、また調査結果自体が無効になってしまうのでは?と心配もある中、期日を過ぎないよう配慮してくれたのは助かった

コロナ禍で世間全体が自粛モードだから、当然過払い金請求でも手続きが遅れたり、いろいろ影響ありそうだけど・・・

司法書士
あいきんくん
やっぱり一番大きかったのが裁判所だね。令和2年5月の緊急事態宣言下では裁判所も業務がストップしたから、訴訟提起を選んだ人はその影響が避けられなかった。
訴訟提起しない任意交渉でも、業者側がテレワーク体制になったことで事務処理が追いつかず、1ヵ月以内の遅延が発生したこともあった。

そんな状況で、過払い金の返還はちゃんとされるの?

司法書士
あいきんくん
対応が遅れたとはいえ、返金は予定どおりされている。仮に入金が遅れそうになったときは速やかに報告することになってるし、心配な人は問い合わせてほしい。

現状、相澤法務事務所で業務の遅延などは発生していない。

けれど、テレワークを導入したばかりの業者、緊急事態宣言を受けて業務がストップした裁判所が影響を受けたことで、手続きの遅延は避けられなかった。

今もまだコロナ感染が収まらず油断できない状況だけど、手続きに影響が出てそうな場合にはHPで情報発信を心がけ、理解の促進と不安の解消に努めている。訴訟するか直接話し合うかも、時と状況に合わせて望ましいほうを提案するスタンスに変わりなく、要望があれば遠慮なく相談してほしい。

コロナ禍で収入減、迷っていた過払い金請求を決断

「コロナ禍過払い金」の体験談の声3

  • コロナで仕事が減り、また生活費のために借りなければといった不安もあった
  • コロナの影響で収入が激減。税金や光熱費など支払い期限が迫り心理的なストレスが大きい中で、過払い金請求に踏み切った
  • コロナ禍で収入が減った人も多いが、そんな大変なときこそ迷わず過払い金請求するべきだと思った

いろいろ迷って過払い金請求控えていたけど、コロナで収入が減ったし、もう迷ってる場合じゃなくなった。

司法書士
あいきんくん
現在でも100万円の過払い金が戻ってくるケースは少なくない。もちろん個人差がある話だけど、収入の足しにはできるんじゃないかな。

コロナで大変になった人は多いけど、貸金業者のほうも大変なんじゃ? 倒産のリスクはない?

司法書士
あいきんくん
それは今のところないみたいだね。反対に、お金を借りる人が増えて金融業界は忙しくなったみたいだよ。前に武富士が倒れたときの状況になるとは思えないね。

コロナをきっかけに、これまでしぶっていた過払い金請求を決断したという人もいる。

収入減というリスク以上のリスクが過払い金請求にあるとは思えないので、今お金が足りない人は積極的に動くことをおすすめしたい。

一時期は貸金業者の倒産リスクも考えられたけど、その心配は当分の間、しなくていいだろう。

まだ予断は許さないけど、今のところ業者が倒産するような兆しはないから、気をつけるべきはやはり時効リスクということになる。

こっちは倒産リスクよりはるかに現実的だから、早めに動くようにしたい。

おすすめ体験談