イオンへの
過払い金返還請求

イオンクレジットへ過払い金を請求した場合、イオンクレジットはどのような対応をしてくるのか?
どのぐらいの期間で過払い金は返金されるのか?裁判をする場合と裁判をしない場合とに分けて解説します。

  • イオン
  • 過払い金
  • まとめ

[更新]

対象

20073月以前から利用

満額回収

満額回収可

過払い金回収まで

6ヶ月

イオングループ(旧ジャスコ)のカード(イオンカード)を扱っているイオンクレジット。
ご利用されている方も多いと思います。イオン銀行の保証会社にもなっていますので、イオンクレジットへ過払い金を請求するには少し注意点があります。

イオンでの過払い金発生目安

過払い金は利息制限法上の利息の上限を超えて支払っていた場合に発生するものです。

Memo

法律での利息の制限(利息制限法)

10万円未満の借入=20%が上限
10万円以上100万円未満の借入=18%が上限
100万円以上の借入=15%が上限

大手イオングループなので過払い金は発生しないのでは?と思われがちですが、イオンクレジットも2007年3月10日までは法律以上の利息に設定していましたので、それよりも前からイオンとキャッシング取引があった人には過払い金が発生します。

※過払い金はキャッシング取引の場合のみ発生する可能性があり、ショッピング取引では過払い金は発生しません。

イオンクレジットでの過払い金回収までの期間

イオンは過払い金の支払いについては、あまり無理な減額を要求してくることもなく良心的な業者ではありますが、返金までは時間がかかる業者です。

取引履歴到着まで
平均60

受任通知送付から2ヶ月弱ぐらいで取引履歴が送られてきます。
他の業者の取引履歴送付期間は2週間ほどですので取引履歴の送付はかなり遅いです。
以前は遅くはなかったのですが、ここ最近遅くなってきています。

請求書送付~和解成立まで
平均7

イオンへ請求書を送ってから数日で和解が成立します。

和解から返金まで
平均120

返金までの期間は和解内容にもよりますが、和解から4ヶ月ほどでの返金となります。

日数まとめ
平均187

イオンへの過払い金請求をして、和解で解決する場合の返金までの期間は平均半年ぐらいみておいたほうが良いでしょう。

イオンクレジットからの過払い金回収(和解・訴訟)

過払い金を回収するには裁判を通さずに任意の話し合いで和解をする方法と、裁判所を通して請求をする方法があります。2つの請求方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

和解

  • 元金100
  • 6ヶ月後の返還

元金の
80%

イオンと和解をする場合、返金までの期間については上記のとおり遅い業者ですが、過払い金の金額については過払い金の元金の80%~100%の返金となることが多いので、他の貸金業者と比較して良心的な金額です。
しかし、過払い金の利息まで回収するとなると裁判が必要になります。

訴訟

  • 満額
  • 5~6ヶ月後の返還

元金の
満額+α

イオンの場合は話しあいでもある程度の金額を返金してくれますが、過払い金の利息まで取り戻すとなると訴訟が必要になります。
利息が大きくなっている場合には訴訟をおすすめします。
※裁判をしても依頼者の方が裁判所に行く必要はありません。
イオンクレジットに対し訴訟をした場合は、裁判所の出頭の期日前に、又は第二回の期日前に利息込の満額で和解となることが多いですので、任意の話し合いと比べて期間もあまり変わりません。

Memo

過払い金の利息

過払い金には年5%の利息が付きます。
その利息と借入元本をその都度相殺することを充当計算と言い、利息を充当しない計算方法を非充当計算とか棚上げ計算と言います。充当計算の方が過払い金は多くなります。

イオンクレジットに限ったお話しではありませんが、裁判所をとおして請求をしなければ利息までの回収はできません。

イオンクレジットへの過払い金固有のデメリット

通常完済後の過払い金請求の場合にはほぼデメリットはありませんが、イオンはクレジットカードや銀行の保証会社になっている関係で、デメリットが生じる可能性があります。

クレジットカード解約問題

イオンクレジットはショッピング機能が付いたクレジットカードを発行していますが、イオンに対し過払い金請求を行うとイオンカードは解約になります。
クレジットカードをそのままに過払い金だけを返してもらうということはできません。
何枚かイオンのカードを持っていても全てのイオンのカードは解約になります。
また、ショッピングの支払い残高がある場合は過払い金とショッピング残高とで相殺されることになります。
仮に過払い金よりもショッピング残高の方が多い場合は、残った金額を債務整理するということになりますので、ブラックリストに載ります。
(ショッピング50万円-過払い金30万円=残額20万円を債務整理)

上記のようなリスクを回避するには

  • キャッシング、ショッピング共に完済後に請求する
  • 相殺の結果、債務が全てなくなる状態にしてから過払い金請求をする

どちらかの方法をとることでブラックリストのリスクを回避できます。

銀行への影響がでる可能性

イオンクレジットはイオン銀行の保証会社をしています。
銀行のカードローン等には保証会社というものが付きます。保証会社は銀行への返済に問題が発生した場合に、債務者に代わって銀行への支払いを行います。
保証会社が債務者に代わって銀行へ支払いを行うことを代位弁済と言いますが、代位弁済後は保証会社に対して返済を行います。
代位弁済が行われると銀行の口座が凍結されますので出金ができなくなりますし、ブラックリストに載ります。

イオンクレジットの過払い請求を相談する事務所はどう選ぶのか

イオンへ過払い金請求をするにあたって、相談をする事務所はどのように選べばいいのか?インターネットを叩いてみると色々な事務所がでてきて選べないという人は多くいらっしゃいます。
以下を相談する事務所を選ぶ際の参考にしていただきたい。

イオンクレジットの過払い金請求は司法書士か弁護士どっちがいいの?

過払い金請求を依頼する専門家は弁護士か司法書士になりますが、弁護士と司法書士の違いは司法書士には過払い金の金額等で制限があるということです。

Memo

司法書士の制限

1. 過払い金の元金が140万円を超えた場合
2. 控訴された場合

上記の場合には司法書士は本人を代理して手続きを行うことができません。
通常イオンクレジットは判決前に和解をすることが多く、控訴されることはないでしょうから、実質的に過払い金が140万円を超えた場合にだけ司法書士に制限があるということになります。

イオンクレジットへの過払い金請求の費用

過払い金を請求する場合の費用については事務所ごと費用が違います。
弁護士、司法書士共に、高い費用の事務所もあれば、安い事務所もあります。
完済後の過払い金請求の場合、成功報酬のみの事務所と、成功報酬以外にも、着手金+定額の報酬+実費=5万円前後をとっている事務所もあります。
それだけで数万円変わってきますし、成功報酬も15%~25%と幅広く設定されてますので、依頼する事務所によっては数十万円も費用が異なる場合もあります。
まずは下記を参考にして費用の比較をしてから、相談に臨みましょう。

イオンクレジットへの過払い金返還請求のまとめ

イオンカードはショッピングでもご利用ができますので、ショッピングご利用中とか、イオン銀行での借入があったりすると思わぬデメリットがでる可能性があるので、イオンクレジットへ過払い金請求を行う際には注意が必要です。
また、イオンクレジットは過払い金請求への対応としては、裁判所を通さなくともある程度の金額を返金はされますが、返金までに時間がかかる業者です。

イオンクレジットへの過払い金請求は裁判所を通しての請求がオススメだよ。

業者ごとの対応:イオンへの過払い金返還請求

  • facebook
  • twitter
  • google+