公開数
体験談サイト

自分が過払い金請求していい対象になるのか?時効の仕組みは?いろいろ不安だった依頼前vol.341

対象

過払い金返還請求の権利の有無

対象

過払い金返還請求の権利の有無。
複数社との取引があり、全て完済していたものの、時効との仕組みが個人では確認できず、資格及び金額への不安があった。
ほとんどの人がこの様な請求業務は初めての事だと思う。
特殊詐欺が横行する時代で個人情報の管理にも不安があった。

個人情報が完全に守られるな否か

対象

個人情報が完全に守られるな否か。SNSなどで検索すれば数多くの弁護士や司法書士事務所の宣伝が続いている。極論を言えば、全ての事務所が良く見るし、同時にあぶなくも見える。
また、返還請求を行なう事で日常生活への影響が出ないかも不安材料だった。
依頼する事務所選びはくじ引きのつもりで決めた。
HPにある「小さな事務所」の表現。
小さいけれど全口どこでも対応可能とは?多分全口の司法書士と連絡して対応するという事と勝手に理解したが、相談(ネットワーク)の仕組みが良く判らず、戸惑った。
むしろ、「全口の小さな仲間の大きなネットワーク」の方が判り易いと思うのだが…。

当初予想した以上にスムーズに処理が進んだように思う

対象

私の場合は1社から約60万円の返還予定だが、これまでの所は相澤法務事務所への依頼で、特段の支障は生じていない。
まずは相談の電話をかけてみてはどうか?仕事をしている人など、ある程度の不安感が残る事は否定できないが当初予想した以上にスムーズに処理が進んだように思う。
ただし、予想される返還金が、高額になりそうな方は最初から「大丈夫そうな」弁護士事務所に相談する方が良いと思う。

おすすめ体験談