メニュー

アコムからの借金を債務整理するには?返せない場合の対処法を解説!

簡単な審査ですぐにお金が借りられる消費者金融は、計画的に利用しないと後に債務の返済が困難になることもあります。
大手消費者金融のアコムから借入をして、もしも返済ができなくなった場合、どのような対処法があるのでしょうか。
ここでは、アコムからの借金に債務整理というアプローチで対処する方法を紹介していきます。


司法書士法人相澤法務事務所は2009年東京都板橋区にて開業2019年で10周年を迎える。
開業当初から「依頼者ファースト」を軸に少数精鋭スタッフにより事務所を運営。
現在ネット検索のみで全国各地から毎月100人以上の過払い金請求を受任する事務所へ成長。
事務所紹介はこちら
司法書士法人相澤法務事務所

司法書士法人相澤法務事務所
代表司法書士 相澤 剛

アコムへの借金の返済を滞納するとどうなる?

アコムから借りたお金の返済が滞った場合、滞納した翌日から遅延損害金が発生します。
遅延損害金は、通常の金利よりも高めに設定されているのが常。
滞納が解消するまでは、このような遅延損害金が日割りで発生するため、債務が増えるスピードが速くなります。
滞納が生じると、アコム側でもさまざまなアクションを起こしてきます。
入金を催促する電話連絡が、個人の携帯電話や自宅の固定電話などに頻繁にかかってくることは、あらかじめ想定しておいたほうがよいかもしれません。

携帯電話や固定電話に本人が出ない場合は、会社などの勤務先に連絡がくることもあります。
電話での催促に応じず、滞納期間が2カ月以上になると、裁判所に訴えられるケースが多いです。
このような場合、裁判所が一括返済の決定を下すことが多く、債務者は一度に債務の全額を返済することを迫られます。
一括返済に応じられないときは、給料や家、車などの財産が差し押さえられるため、事は重大です。

アコムからの借金が返せない場合の連絡先

アコムからの借金が返済できそうにない場合は、まずアコムに相談してみるのが1つの方法になってきます。
アコムでは返済に関する相談にも応じているため、交渉次第ではよりお金が返しやすくなる方法を教えてもらえるかもしれません。
アコムへの連絡は、アコムのサイトに用意されているお問い合わせフォームやアコムの店舗、自動契約機、電話などから行えます。
返済の相談などの少し込み入った用件のときには、アコムの店舗や電話を利用するのがよい方法です。
返済について電話で相談したい場合は、「総合窓口」である「0120-07-1000」、もしくは「アコム総合カードローンデスク」の「0120-629-215」にかけます。

アコムのサイトで「フリーコール」として紹介されている「総合窓口」は、アコムを契約していない人でも利用できる窓口です。
「アコム総合カードローンデスク」は、契約者を対象にしており、返済の相談もできます。
アコムとの相談で解決方法が見つからないときは、弁護士や司法書士に債務整理の相談をして、対処法を考えていきましょう。

アコムの債務整理を行う主な方法

アコムからの借金が返せないときには、具体的にどのような対処をすればよいのでしょうか。
ここでは、債務整理の4つの方法を挙げながら、対処法を紹介します。
ベストな対処法はその人によって違いますが、いろいろな方法があることを知っていれば、自分にとって有利なアプローチを選択していけるでしょう。

過払い金請求をする

過払い金請求は、アコムの債務整理をする際にまず行っておきたい対処です。
過払い金は、支払う必要がない利息を払いすぎたことで発生するお金のことです。
借入金の金利が法定金利の上限である年率20パーセントよりも高く設定されている場合、法定金利を超えて発生した分の利息は、本来は支払う必要がありません。
2007年に貸金業法が改正され、グレーゾーン金利が撤廃されてからは、アコムなどの消費者金融の金利も法定金利の範囲内になっています。
ただ、2007年よりも前から借金をしている場合は、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金は、過払い金請求という手続きをすれば返金してもらえるお金です。
アコムの返済中に過払い金請求をすると、現時点で残っている債務と過払い金の金額が相殺されて、債務の残額が減ることが考えられます。

任意整理で利息分を減らす

過払い金が発生していないとき、または過払い金と相殺しても債務の額が多く、借金の返済が苦しいときは、任意整理が1つの選択肢になってきます。
任意整理は、アコムと話し合いをすることで債務の利息をカットしてもらったり、返済の期限を延ばしてもらったりする手続きです。
年率18パーセント前後の利息が適用されている消費者金融の場合、利息がなくなることで債務の額がだいぶ減ります。
返済期間が長くなると通常は利息がかさんで債務の額が増えますが、利息が発生しなければゆっくりとお金を返すことができます。
任意整理は裁判所を通す必要もなく、ほかの債務整理に比べると手続きが比較的簡単です。

ただ、この任意整理を選ぶときには、いくつか条件があります。
安定した収入があることや、毎月決められた金額が返済できることなどが条件になっているため、該当していないとこの方法を選ぶのは難しくなります。

個人再生で借金を大幅に減らす

利息をなくす、返済期間を延長するなどの任意整理をしても、なお借金の返済が難しいときは、個人再生という方法もあります。
個人再生は、裁判所に申し立てを行って、債務を大幅に減額してもらう手続きです。
債務の額が5,000万円以下で、継続した収入を得る見込みがあれば、この個人再生を選択できる可能性がでてきます。
ちなみに、減額された借金の残額を3年から5年間で返済できることが個人再生の条件になっています。
この方法の場合、利息はもちろんですが借金の元金もすべて減額の対象です。
手続きをすると債務が当初の5分の1に減るため、返済はグンと楽になることが多いです。

個人再生は、マイホームを持ちながら返済を続けていけるため、生活の再建がしやすくなります。

自己破産で借金をなしにする

任意整理や個人再生は、基本的に継続的に収入が得られる人が対象です。
安定した収入がなく、返済できるめどがまったく立たない場合は、自己破産という手続きが選べます。
自己破産は、裁判所に申し立てを行い、借金をすべて免除してもらう手続きです。
この方法を取ると、税金を除く債務が免除されます。
借金をリセットし、一から人生をやり直せる点は自己破産のよい点です。
ただ、自己破産にも一定の条件があります。
支払いが不能な状態であることや、免責不許可事由に該当しないことなどは、自己破産を選ぶときの条件です。

また、自己破産をした場合はマイホームや預貯金、車などの価値がある資産は、いずれも手放す必要があります。
ちなみに、預貯金は20万円以下であればそのまま所有ができます。

アコムの債務整理を行うメリットと注意点

アコムの借金に債務整理を行った場合、どのようなメリットが得られるかが気になるかもしれません。
実際に手続きをするうえでは、注意点も知っておいたほうが安心です。
以下では、債務整理を行うメリットと注意点を解説していきます。

債務整理のメリット

債務整理をするメリットは、借金が減額できたり返済を免除してもらえたりすることです。
司法書士や弁護士を通じて債務整理を開始すると、金融業者からの執拗な催促なども行われなくなります。
経済的、精神的な面で借金に追われる生活から解放されるため、ストレスが減ります。
任意整理の場合は、一部の債権者に限定して手続きができるのもメリットです。
この方法では、住宅ローンや車のローンなどを整理の対象から外して継続利用することができます。
任意整理は裁判所を通さないため、家族に知られずに手続きができるというメリットもあります。

任意整理や個人再生は、マイホームを残すことも可能です。
自己破産の場合は基本的にマイホームや車は残せませんが、多額の債務があってもすべて免除されるため、以後は返済の必要がなくなります。

債務整理の注意点

債務整理をしたときに注意しておきたいのが、信用情報の問題です。
債務整理をすると、信用情報機関に事故の情報が登録されます。
そのため、登録が抹消されるまでは、ローンで新たな借り入れをしたり、クレジットカードを契約したりするのが難しくなることが考えられます。
一定期間は、いわゆるブラックリストに登録された状態になるため、契約をする際には注意をしましょう。
任意整理や個人再生は、安定した収入が求められる点に少し注意が必要です。
これらの方法は、借金は減額になるものの、返済は続けていかなければなりません。
継続的に収入が得られる見込みがないと、選択できない可能性があります。

個人再生や自己破産を選んだ場合は、基本的にすべての債務が整理の対象です。
一部の債権者に限定して整理を行うことができないため、個人再生でも車のローンなどがあるときにはマイカーを処分しなければならないケースがあります。

アコムの債務整理の流れと手続きにかかる期間

アコムの借金を債務整理する場合、どのような流れで手続きを進めていけばよいのでしょうか。
また、手続きが終わるまでどのくらいの時間がかかるのかも気になるところです。
ここでは、債務整理の流れや手続きにかかる期間について説明していきます。

債務整理の流れ

任意整理の場合は、まず最初に利用明細書などの書類を集めて債務調査を行います。
その後、返済案を作成して貸金業者と交渉をします。
利息のカットや返済期限の延長などについて先方の同意が得られれば、手続きは完了です。
個人再生の場合は、裁判所へ申し立てを行うのが最初のステップです。
裁判所が再生手続きを決定したら、債務者側が再生計画案を作成して、家計収支表などと一緒に裁判所に提出を行います。
無事に認可がされれば、個人再生の手続きは終了です。

自己破産の場合は、申立書や必要書類を債権者の管轄裁判所へ提出し、破産手続き開始を申し立てます。
このようにすると、裁判所から呼び出しの書状が届きます。
書状が届いたら、所定の日に裁判所に出向くことが必要です。
呼出の当日は裁判官から口頭で質問があり、自己破産の条件に該当しているかどうかがチェックされます。
審理の結果、自己破産に該当しているということになれば、破産手続開始決定が行われる流れです。
財産がない場合は同時廃止となり、ほどなくして手続きが終わります。
債務者に財産が残っているケースは管財事件として扱われ、必要な手続きが引き続き行われます。

債務整理の期間

任意整理が終わるまでの期間は、3カ月から6カ月が平均です。
この方法の場合は、貸金業者とスムーズに交渉ができるかどうかが進捗状況に影響します。
個人再生の場合はやや必要な期間が長くなり、手続きが完了するまでの期間は平均で6カ月から1年程度です。
個人再生では、個人再生委員が選任されることがあるため、手続きにかかる期間はケースバイケースです。
自己破産の場合、財産がないときの同時廃止のケースは3カ月から6カ月ほどで終わります。
一方、財産があり管財事件となった場合は、6カ月から1年程度かかることが多いです。

引き続き債務を返済する必要がある任意整理や個人再生は、手続きが終わった後に3年から5年程度の期間で減額された借金を返します。
返済が終われば債務整理は終わりますが、返済が済んだ後も信用情報機関には事故情報が5年以上残ります。
したがって、債務整理の影響が完全になくなるまでにはもう少し時間がかかるかもしれません。

債務整理をした後にアコムでお金を借りられるか?

債務整理の最中は、アコムのみならずほかの金融機関からもお金を借りることは困難です。
ただし、債務整理が終わり、信用情報機関の事故情報が消えた後であれば、新たに借り入れをすることも状況次第では可能です。
しかしながら、この場合もアコムから借りるのは少し難しいと言えます。
アコムからの借金が債務整理の対象になったときは、後に信用情報機関の事故情報が抹消されても、アコムのデータには履歴が残ってしまいます。
このような状態の場合、以後に申し込みをしても審査に通らない可能性が高いです。
新たな借り入れをしたいときは、債務整理の対象になっていない貸金業者の利用を検討したほうが現実的です。

アコムへの返済が難しい場合は債務整理を検討しよう

アコムから借金をして、万が一返済のめどが立たなくなってしまった場合でも、債務整理という方法で対処ができます。
返済が難しいときには、まずアコムの相談窓口へ連絡して、よい方法がないかどうかを聞いてみましょう。
自分で交渉がうまくできなくても、諦める必要はありません。
債務整理に強い弁護士や司法書士などの専門家を探して、相談してみましょう。

どれくらい戻ってくるのか?