メニュー

債務整理を弁護士に依頼する費用は?メリットとデメリットを知ろう

債務整理が必要になったとき、広告などからお願いできそうな弁護士を探すこともあるでしょう。
しかし、初めて実際に弁護士に依頼しようと考え始めたものの、具体的にどのようなメリットやデメリットがあるか気になるものです。
また、費用はどれくらいかかるのか、事務所をどのように選んだらよいのかなどの疑問について詳しく紹介します。

債務整理とは?4種類の手続きについて

債務整理とは、法律に基づいて借金を整理するための手続きのことを指します。
借金の返済が難しくなったとき、債務整理による解決方法として、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と呼ばれる4つの方法があり、それぞれの手続きは異なります。
また、債務整理は借金金額の上限はありません。
さらに、借金をしている人の収入等の条件もないため、どのような人でも利用できる方法です。
しかし、4つの債務整理の方法は、それぞれ適している場合とそうでない場合があります。
そのため、自己判断をせずに弁護士に相談をして、自分に合った方法を選択することが大切です。

「任意整理」は、借入をしている金融機関など債権者と直接話し合いを行い、返済方法を見直す方法です。
「任意整理」は、利息を支払う必要がなくなるため、返済の負担が軽減されるでしょう。
さらに、返済期間を延長することも可能なため、金銭的・精神的に余裕をもった状態で返済をすることができます。
「任意整理」は債権者と交渉しなければならないことから、弁護士や司法書士などに依頼するとよいでしょう。

「特定調停」は簡易裁判所に申立てを行い、調停手続きを開始します。
簡易裁判所の調停委員が債権者と債務者との話し合いに立ち会うため、安心して手続きをすすめられる可能性があるでしょう。
調停成立後は調停調書に基づいて、借入の返済を行っていく方法です。

「個人再生」は裁判所に申立てを行い、借入金の元本の減額ができる可能性があり、返済の負担が軽減されます。
「自己破産」も裁判所に申立てを行いますが、「個人再生」との大きな違いは、借入金をゼロにすることができる債務整理方法です。
これらの債務整理方法は、返済金額を大幅に圧縮したり、借入金自体をゼロにできる可能性が高い分、自分で手続きをすすめるのは難しいでしょう。
弁護士に相談して、依頼したほうがスムーズです。

債務整理の相談先!弁護士と司法書士のどちらに依頼するべきか

債務整理を依頼する場合には、弁護士や司法書士に依頼をすると手続きがスムーズです。
しかし、弁護士と司法書士、どちらに相談をしたり、正式に依頼したりすべきか迷うこともあるでしょう。
それぞれに特徴がありますので、自身の希望や状況にあわせて考えてみることが大切です。
具体的にみていきましょう。

弁護士

債務整理を弁護士に依頼した場合、どのような特徴があるのでしょう。
まず、弁護士が扱う債務整理の金額には上限がありません。
そのため、「債権者が複数存在していて、総額で数百万の借入金が返済できなくて困っている」というようなケースは弁護士に依頼するとよいでしょう。
さらに、債務整理をすすめてみたものの、債権者と和解ができない可能性があります。
また、「任意整理」手続き中に借入金の返済が滞ってしまった、というような場合には「個人再生」または「自己破産」など、そのほかの債務整理方法を検討しなければならない可能性もあるでしょう。

弁護士の特徴として、すべての債務整理を受任することが可能であることがあげられます。
そのため、債務整理中に計画に変更が生じたり、返済が行き詰ってしまったりしたときに、引き続き別の債務整理の方法を検討し、継続して同じ弁護士が担当できるという特徴があります。

司法書士

債務整理を司法書士に依頼した場合の特徴のひとつに、扱える金額に上限があることがあげられます。
司法書士は弁護士と同様に債務整理の代理人になれますが、いくつかの制限があるので注意が必要です。
司法書士が債務整理の代理人となれるのは、個別の債務が140万円以内と限定されています。
そのため、借入額がこれ以上の金額である場合には、代理人にはなれないことが特徴といえるでしょう。

さらに、司法書士は簡易裁判所のみの訴訟代理権が認められています。
そのため、「個人再生」や「自己破産」の代理人になることができません。
債務整理中に「個人再生」や「自己破産」に移行した場合、継続して同じ司法書士に依頼することが難しくなります。

債務整理を弁護士に依頼するメリットとデメリット!

弁護士は債務整理案件の扱える範囲が広いため、弁護士に依頼することで安心感が得られる可能性が高いでしょう。
一方で、弁護士に依頼をするのはなんとなく敷居が高いと感じたり、費用が高額になるのではないかと不安になったりするものです。
債務整理を弁護士に依頼した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのかについて紹介します。

メリット

債務整理を弁護士に依頼することで、借入をしている金融機関の金額がどれだけ大きな金額であったとしても、代理人になれることがメリットとしてあげられます。
さらに、当初は「任意整理」で債務整理の手続きをしていたにもかかわらず、債権者が返済額についての和解に応じてくれないなど、途中で想定していなかったトラブルが発生した場合などでも弁護士に依頼しておくと安心です。
なぜなら、仮に債権者との和解が決裂してしまったときは、「自己破産」や「個人再生」などの手続きを引き続き弁護士に依頼できるからです。
仮に、司法書士に「任意整理」を依頼していた場合では、「自己破産」や「個人再生」の手続きの代理人になれません。
そのため、新たに弁護士を探す必要があります。
最初から弁護士に債務整理を依頼していれば、時間や手間、費用などを省くことが可能です。

デメリット

弁護士に債務整理を依頼したときに、考えられるデメリットについてはいくつかあります。
たとえば、日常生活の中で「弁護士に相談をする」ようなことがそれほど多くない場合には、緊張したり、不安に感じたりするなど、心理的なハードルが人によっては高い可能性があるでしょう。
さらに、債務整理の金額や自分の経済状況によっては、費用面で弁護士に依頼することがデメリットになる可能性もあります。
一般的に、司法書士に依頼したほうが債務整理費用は安くなる傾向があります。
そのため、借入額がそれほど大きくなかったり、過払い金請求などの書類発送の依頼をするだけなどの場合には、弁護士に依頼すると費用が高めなのでデメリットとなるでしょう。

債務整理を依頼したらいくらかかる?弁護士費用の相場について

債務整理を弁護士に依頼した場合、弁護士費用の内訳は「相談料」「着手金」「報酬金」のほかに交通費や裁判所への出頭費用などが別途かかります。
債務整理の場合には「相談料」を無料にしている弁護士事務所も多いです。
「着手金」は、債権者1社あたり約2~4万円ほどかかるでしょう。
複数の債権者が存在しているときは、その分の費用がかかります。
「個人再生」の場合には約40〜60万円が「着手金」の相場、「自己破産」であれば約30〜40万円が「着手金」の目安になるでしょう。
「報酬金」については、債務整理の方法により金額は異なりますが、「任意整理」や「個人再生」の場合は減額された債務の10%ほどが「報酬金」の目安です。
「自己破産」の場合は、破産者の経済状況を考慮し、報酬金が無料の事務所も多いです。

債務整理の弁護士費用が用意できない!その場合の対処方法

債務整理するにあたり、複数社からの借入があり、借入金自体も大きく、今後の返済計画自体に不安が残る場合には弁護士に依頼するとよいでしょう。
しかし、返済が滞っている状態で弁護士費用を用意するのは難しい可能性が高いです。
もし、「弁護士費用がない」と悩んでいるときには、どのような対処方法があるのか紹介します。

法テラスを利用する

弁護士費用を立て替えてくれる制度があります。
「法テラス」と呼ばれている日本司法支援センターでは、月々5000円の分割払いをすれば利用が可能です。
もちろん、立て替えてもらった金額は最終的には完済する必要がありますが、毎月の返済負担額が軽減されるため、精神的な負担は軽くなるでしょう。
さらに、「法テラス」を利用すれば、弁護士の報酬金が免除されるというメリットがあります。
弁護士の着手金自体も低めに抑えられているため、金銭的に不安がある場合には安心して利用できる可能性が高いでしょう。
また、生活保護の人以外は、裁判所費用は自己負担となります。

分割払いが可能な事務所を探す

弁護士事務所によっては、債務整理の弁護士費用を分割払いで対応してくれるところもあります。
一般的に債務整理を弁護士に依頼するときは、着手金が必要です。
着手金は1件につき2~4万円ほどかかるため、複数の借入件数があるときは、着手金も高額になりがちです。
そのため、分割払いを利用できる弁護士事務所がないか探してみましょう。
さらに、着手金だけでなく、債務整理費用を後払い対応してくれる弁護士事務所もあります。
弁護士事務所では債務整理の無料相談を行っていることが多いので、費用が心配な人は相談してみるとよいでしょう。

後悔しない!債務整理を依頼する弁護士事務所選びのポイント

債務整理の方法を知りたい、解決したいと考えているときに、多くの弁護士事務所の広告を目にすることがあります。
しかし、たくさんある事務所のなかから、どの事務所に依頼すればよいのか自分では判断が難しいと感じることもあるでしょう。
弁護士事務所を選ぶときに、どのようなポイントをチェックすればよいのか詳しく紹介します。

債務整理に力を入れている

債務整理の手続きをスムーズに行うためには、依頼する弁護士事務所の取扱業務内容を確認することが大切です。
なぜなら、弁護士は対応している分野が幅広く、専門分野や得意分野がそれぞれの事務所により異なる可能性が高いからです。
そのため、よく知られている弁護士事務所であったり、知り合いの紹介であったりしても、債務整理についてはそれほど実績が多くないことも考えられるでしょう。
債務整理に特化していて、実績が豊富な弁護士事務所に相談することが大切です。
弁護士事務所を選ぶときは、実績がたくさんあるかどうかを無料相談などを通じて確認すると、安心して依頼することができます。

親身になって話を聞いてくれる

弁護士に相談してみると、話しやすい雰囲気であったり、会話がすすむと感じたりすることがあります。
弁護士は自分の借入問題を解決に導いてくれる大切な存在です。
そのため、弁護士が親身になって話を聞いてくれるかはとても大切なポイントです。
自分の立場に理解を示してくれるような弁護士であれば、安心して依頼することができるでしょう。
そのため、ひとつの事務所だけで判断せずに、いくつかの事務所で無料相談してみることが大切です。
弁護士との相性をしっかりチェックしてみましょう。

費用についての説明がある

債務整理を解決するためには、さまざまな費用がかかります。
そのため、弁護士事務所の費用については事前に調べてわからないことがあれば、遠慮なく質問してみましょう。
一般的には、費用について丁寧に説明をしてくれる事務所がほとんどです。
しかし、債務整理を何度も経験することはそれほど多くありません。
費用の内訳が複雑になっていたために、いざ依頼したものの、あとから想定していなかった費用が請求されてしまうと困ってしまうでしょう。
弁護士事務所で無料相談を利用したときに、支払い方法や費用の内訳についてしっかり確認しておくことが大切です。

債務整理は交渉力が大事!借金の悩みは弁護士に相談してみよう

債務整理を依頼するまでには、わからないこと、不安なことは多いです。
しかし、早く着手すればするほど、返済額を大きく減らすことができる可能性が高まります。
さらに、精神的な負担からも解放されます。
弁護士に依頼することでプロが債権者との間に入り交渉にあたってくれるなど、たくさんのメリットがあります。
無料相談を行っている弁護士事務所も多いです。
債務整理で悩んでいるのであれば、できるだけ早めに弁護士に相談してみましょう。

どれくらい戻ってくるのか?