公開数
体験談サイト

過払い金請求でブラックリスト→別のクレジットカードが使えない?|vol4.司法書士が解説

監修:相澤法務事務所

司法書士が深掘り解説

【司法書士が深堀り解説】過払い金請求でブラックリスト→別のクレジットカードが使えない?


動画で見る

過払い金請求で他のクレジットカードが使えなくなる?

ローンも組めなくなる?

カードを使っている人は気になりますよね。

今回はそのような不安を綴った体験談を紹介しつつ、過払い金請求のプロである司法書士が解説していきます。

ご依頼者さま補足情報

直筆体験談

  • 40代
  • 女性
  • 会社員
  • 神奈川県
  • ニコス
  • ビューカード
  • エポスカード

今回の体験談に回答していただける司法書士

司法書士:三浦永二

過払い金請求するとブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなるのでは?

イメージ画像

直筆体験談より引用

過払い金請求をすることで、ブラックリストに載ってしまったり、今後、クレジットカードを作る際や住宅ローンなどを組む際に支障が出てしまうのではないか?
今、ショッピングで使っている別のクレジットカードも使えなくなってしまうのか?
とても心配でした。
しかし、完済していれば、ブラックリストに載らないこと、今後クレジットカードを作るなども支障がなく、今、使っているカードも変わらず使えることを丁寧に教えて頂き、とても安心しました。

過払い金請求するとブラックリストに載って、別のクレジットカードが使えなくなってしまうのでは? と心配でした。

司法書士
三浦永二
お客さまの場合、借金のない状態でのご請求だったので、ブラックリストに載る心配はありませんでした。請求対象のカードは解約となりますが、他社のカードは今まで通りお使いいただけます。

完済後か返済中かで違う

完済後の過払い金請求とブラックリストは無関係です。他社カードへの影響を気にする必要はありませんし、そのせいで住宅ローンやカーローンの審査が不利になるということもありません。

完済後の請求返済中の請求
他社カードやローン利用への影響
なし

借金が残って債務整理となった場合、ブラックリスト登録で影響あり

クレジットカードは消費者金融より複雑

ニコス、オリコなどのクレジットカードは消費者金融のキャッシングと異なり、ショッピングリボやカーローンなどのローンが付いてくるので、やや複雑となります。

ローン残×そのまま請求=手続きに影響

カーローンなどのローン残高や、シッピング残がある場合、可能であれば支払いを終えてからの請求がベストです。

ローン残×完済して請求=安心・スムーズ

明細書がなく記憶もあいまい。こんな状態で過払い金請求の調査は可能?

イメージ画像

直筆体験談より引用

借入をしていた時のカードや明細書などがもう手元になく、又、私の場合、借入会社が3社あり、それぞれいつからいつまで借入をして、いつ完済したのかも忘れてしまっていたので、もしかしたら、もうすべて時効になってしまっているかもしれないし、そんな曖昧な記憶で、過払い金請求、調査をすることができるのか、気になっていました。
しかし、そんな不確かな情報だけでも、全然問題なく、無料で調査していただくことができました。

借入先が3社あって、どのカードもいつ借りていつ返し終わったかまったくわからない状況でした。そんなあいまいな記憶で調査できるのか、と。

司法書士
三浦永二
お金を借りていた業者名さえわかれば後はこちらでお調べできます!うろ覚えでも全然構いませんので、お気軽にご相談ください!

記憶あいまいでもお気軽に

  • この取引はいつ? 完済は何年前?
    → 全部取引履歴で確認できます!
  • 対象じゃなかった、すでに時効だった、こんなことが判明しても…
    費用がかかりません。過払い金請求の報酬は成功報酬型なので、出なければそれまでです。

金利が違法だったのはずいぶん前のことで、記憶が薄れて当たり前。とりあえず診断や調査を頼まれるのがよいかと思います。

何社あってもOK

取引先が複数あっても同時にお調べできます。1社だろうと3社だろうと調査に要する時間に大きな差はありません。
ただ、取引履歴の開示期間は業者によって異なるため、業者次第で時間がかかる場合もあります。

いつ完済したかもわからなかったので、もしかしたら時効かも・・・と気になっていました。

司法書士
三浦永二
お客さまは3社と取引があって、そのうち2社は時効まで1年を切ったくらいでした。
まだ十分時間はあるとはいえ、完済日もはっきりしない状況だと心配になりますよね。そういう場合はやはり、ひとまず相談してみることが大事なんですね。そのうちと言っている間に時間はどんどん過ぎていくので。

過払い金が0になるのを避けるために

司法書士
三浦永二
ここ最近、時効になる案件が増えてきています。時効になって戻るはずの過払い金が0になるのはもったいないので、過払い金の調査結果を見てから依頼するかどうかを決めていただくのが賢明です。

時効が迫っている方は間に合うよう調査を進めます

時効になるのは何としても避けたい! という思いは相澤法務事務所としても同じです。取引履歴を見て、期限が迫っているとわかれば、調査を優先的に進めるなど配慮しています。

心配だったことも実際は大したことなく、メリットが大きかった

イメージ画像

直筆体験談より引用

過払い金請求をして、お金を戻したいという気持ちがあっても、たくさんのデメリットを考えてしまって、不安や心配の方が大きく、なかなか踏み出せない方が多いかと思います。
私もいろいろ考えてしまって、なかなかできませんでした。
調査は無料だから、とりあえずやってみようかなという気持ちはありましたが、実際はお金を請求されるのではないかと思ったり、ホームページに成功報酬〇%と書いてあっても、実際戻ってくるお金は少ないのではないかと考えてしまっていました。
しかし、実際は全くそんなことはなかったです。
はるかにデメリットよりメリットの方が多かったです。

無料調査だからとりあえずやってみようかなと思っても、費用や戻ってくる金額の少なさとか考えると、迷ってしまいます・・・

司法書士
三浦永二
どれくらい戻ってくるかは、調査をしてみないとわからないんですね。最初は少ないと思っていても、調べてみると予想以上に多かった、なんて例は、結構あります。
だから、とりあえず調査をしてみて、正確な金額や、費用を差し引いた後どれくらい手元に残るか、その数字を確かめた後で依頼するかどうかを決めるのが最良の方法だと思います。

わかりやすい「調査報告書」
調査報告書
フォーム画面サンプル
相澤法務事務所では、過払い金の調査後、「正確な金額」「回収見込み額」「費用を引いた額」「回収期間」を報告書としてまとめてお客さまに提示しています。
調査をする前にいろいろ悩むより、具体的な数字を見たうえで決めるほうが判断しやすいのではないでしょうか。

いろいろ考えてなかなか依頼できませんでしたが、実際依頼してみると、デメリットよりメリットのほうが大きいとわかりました。

司法書士
三浦永二
終わってみてそうおっしゃる方は多いです。完済後の過払い金請求であれば、ブラックリストの心配もなく、気にするようなデメリットはほとんどないかと思われます。
ただ一つ、対象カードは解約となりますが、それが気にならないのであれば、調査をお願いしたほうがよいでしょう。時効になった後では私たちも力になれません。悩んでいる方、ご相談お待ちしています!

過払い金のブラックリストに関する体験談

ブラックリスト

ブラックリストの体験談をもっとみる

おすすめ体験談