公開数
体験談サイト

CMで知った過払い金。相澤法務事務所に依頼して予想より6倍多く戻ってきたvol.245

CM

日常の生活で、弁護士や司法書士に関わるのは稀なこと

CM

過払金請求を依頼するにあたり不安要素だった点は?
①過払金請求=過去にお金を借りていた事は事実であり、それが請求する事によって何らかの形で家族に明るみになり、家族の信頼関係が悪くなるのではないか?
②取引業者との関係悪化やブラックリストに載せられてしまい、今後の人生に悪影響を及ぼすのではないか?
③日常の生活において、弁護士や司法書士の方に依頼するというのは、非常に稀なケースだと思われる為、何か大それた事をしようとしているのではないか、又手続きなども非常に大変で面倒なのではないか?
上記の点が非常に不安に思い、気になっておりました。

自身の経験から3点に着目

CM

私自身の経験から3点に着目して事務所選びをされるのが良いのではないかと思います。
①(交渉力の違い)事務所や在籍する弁護士、司法書士の方の交渉力の違いにより、和解金額に大きな差が出てしまう。
②(費用の違い)成功報酬で支払うパーセンテージの違いや基本費用、着手金、事務手数料など事務所により費用が大きく異なる。
③(計算の違い)どのようなカラクリなのか解りませんが、事務所により過払金引き直し計算による金額に大きな差が出てしまう。
特に個人的に③が一番のポイントではないかと思いました。
因みにどの項目も依頼前に予め事務所のHPや電話で調べられると思いますので、この3項目を考慮して最もメリットがある事務所に依頼するのが良いのではないかと思われます。

少しの金額とリスクを天秤にかけ、とても割に合わないと思っていた

CM

数年前からTVをつけると何百回と視聴した過払金のCM。
私自身も少しは戻ってくるのか気になりましたが、少しの金額とリスクを天秤にかけて考え、とても割に合わないと思い、それから数年間は、全く気にも留めていませんでした。
そんなある日、CMで流れる期限が過ぎたら勿体ないという聞き慣れたフレーズを耳にした時、いつもならスルーしていた私が、何故かその日は気に留め、洗脳されたかのように本当に勿体ないのか?と思い始めました。
そして直ぐにネットで調べ、全くリスクがない事を知り、即電話、そこからはトントン拍子に事は進んだわけですが、もし期限が過ぎてしまった時の事を考えたらゾッとする思いでした。
まず最初の一歩となるのは電話ですが、その電話に躊躇している皆さん、まずは相澤さんのとこのHPを閲覧してみて下さい。
一通り閲覧後、過払い金についての考えを改め自然と受話器を手にしているのではないでしょうか(笑)。
最後に私自身の報告ですが、最終的に私の手元に入る金額は、当初考えていた金額の6倍程になります(笑笑笑)

おすすめ体験談