アコムへの
過払い金返還請求

アコム取引履歴の取得方法(2017年版)

  • アコム
  • 過払い金
  • 取引履歴

[更新]

アコムに払い過ぎてしまった利息分がいくらあるか確認するには、取引履歴(とりひきりれき)が必要です。

アコム取引履歴の取得方法(2017年版)

取引履歴とは、アコムとの契約内容や、これまで借り入れをした金額や返済した金額を日付ごとに一覧表に示したデータのことで、この取引履歴を取得すれば、実際今まで何%の利息で取引していたのか、何年間取引していたかなどが判明し、実際に払い過ぎた金額があるかどうかを確認できます。

ただし2016年現在は、アコムから取引履歴を取得できても、一覧表に記載されている取引履歴の内容は、あくまで今現在のアコムとの取引内容を示すだけのものであり、アコムに払い過ぎている金額がはっきりとわかるわけではありません。
払い過ぎてしまった過払い金がいくら発生しているかは、この取引履歴をもとに、2016年の法律改正以前の利息から、法律改正後の利息に引き直して計算することによって確認することができます。

アコムの取引履歴は個人でも簡単に取得できますので、気になる方はチャレンジしてみましょう。
なお、弁護士・司法書士に依頼すると、この取引履歴の取得も含めて手続きを代行してくれますのでご安心ください。

過払い金の計算の流れ

弁護士・司法書士に依頼する前に、アコムとの契約内容を確認したい方や、自分で過払い金の計算をしてみたい方は、直接アコムに電話で「取引履歴が欲しい」と言えば現在の取引内容が記載された一覧表を入手することができます。下記の流れを参考に直接アコムへお問い合わせ下さい。

なお通常、弁護士・司法書士事務所に過払い金請求の手続きを依頼すると、取引履歴の取得から過払い金の返還交渉までワンストップで専門家が行ってくれるので、ご自身で取引履歴を取得する必要はありません。

  • 電話にて、契約当初からの「取引履歴(とりひきりれき)」が欲しいとお伝え下さい。
  • 電話にて簡単な本人確認(名前・生年月日・住所など)がされます。
    ※取引履歴の取得理由を聞かれることがあるようですが、正直に「過払い金の計算がしたい旨」としてもいいですし、ただ「契約内容を確認したい」などと伝えてもいいかと思います。
  • 受け取り方法の確認(自宅送付または指定店舗での直接受け取り)

アコムの取引履歴開示請求     ※アコム公式HPからの参考情報
お問い合せ先 0120-07-1000
※詳細はアコムにお問い合わせください。

アコム取引履歴開示期間の目安

弁護士・司法書士に依頼する前に、アコムとの契約内容を確認したい方や、自分で過払い金の計算をしてみたい方は、直接アコムに電話で「取引履歴が欲しい」と言えば現在の取引内容が記載された一覧表を入手することができます。下記の流れを参考に直接アコムへお問い合わせ下さい。

なお通常、弁護士・司法書士事務所に過払い金請求の手続きを依頼すると、取引履歴の取得から過払い金の返還交渉までワンストップで専門家が行ってくれるので、ご自身で取引履歴を取得する必要はありません。

本人による開示請求(ご依頼前に契約内容を確認したい方)

弁護士や司法書士に依頼する前に、借り入れをした本人から取引履歴を取り寄せることも可能です。上記の流れに沿って直接アコムにお問い合わせください。

なお、2016年現在、本人から取引履歴を請求した場合、1~2週間前後で取引履歴を受け取ることができるようです。また指定した店舗での受け取りであれば、即日の受け取りが可能なケースもあるようです。

acom_rireki

※通常はご依頼いただくと、相澤法務事務所で取引履歴の取得も代行します。
※取引履歴(とりひきりれき)とは、貸付返済内容を契約当初から示したデータのこと。
この履歴を再計算することにより、実際いくら過払い金があるかが判明します。

アコムの怪しい提案には注意

2016年現在、アコムに限らず多くの貸金業者は、「取引履歴の取得=過払い金を請求される」という考えになっており、取引履歴を取得する際に確実に過払い金が発生している方に対して、下記のような提案をしてくるケースがあるようです。

「今ある50万円の借金を、この電話で0円にできますよ。」
「100万くらい過払い金が発生しているので、この電話で決めてくれれば30万でしたらすぐに返せますよ。」

こういった提案があるということは過払い金が確実に発生しているので、「いったん取引履歴を見てから検討したい」と伝え、取引履歴を手に入れた後、弁護士・司法書士にご相談ください。

アコムへの過払い金返還請求アコム取引履歴の取得方法(2017年版)

  • facebook
  • twitter
  • google+